ロイヤルミルクティーのカロリーは?ダイエット中に飲んでもOK?

みなさんこんにちは。

子どもから大人まで、みんな大好きなロイヤルミルクティー!!

ですが、見た目から甘い香りが漂ってくるロイヤルミルクティーはいかにもカロリーが高そう…。

もしかして、ダイエットにも不向きなんじゃないか…と思ってはいませんか??

実は、ロイヤルミルクティーは、飲み方次第でダイエット中でも気兼ねなく飲むことができるドリンクとなります。

そこで今回は、気になるロイヤルミルクティーのカロリーや、ダイエット中でも美味しいロイヤルミルクティーが飲めるとっておきの秘訣を伝授していきたいと思います。

気になるロイヤルミルクティーのカロリーは?

まず始めに、ロイヤルミルクティーのカロリーについて知っておきましょう。

お家で作る場合の一般的な材料としては、

・牛乳
・紅茶
・砂糖

の3つがメインとなると思います。

この場合のカロリーは、およそ120kcal前後といったところ。

では、コンビニやカフェで出てくるようなロイヤルミルクティーの場合はどうでしょうか。

ロイヤルミルクティー(ローソン)…61kcal

 

ロイヤルミルクティー(カフェ・ベローチェ)…94kcal

 

ロイヤルミルクティー(ドトール:標準Mサイズの場合)…116kcal

 

ロイヤルミルクティー(タリーズ:標準Tallサイズの場合)…203kcal

こうして見てみると、お店によって大きく数値が違ってくることがわかります。

これは、お店によってどんな甘味料を使っているか?(または使っていないか?)によって変わってくるからだと考えられます。

甘味料を使わない場合のカロリーは、およそ100kcal未満、甘味料を使って甘くしたロイヤルミルクティーの場合はおよそ120kcal~といった場合が多いようです。

実はミルクティーはダイエット向き?

よくカフェに行くという方。

お腹が空いていたのに、ドリンクを飲んだら意外とお腹が一杯になってしまった経験はないでしょうか?

このように飲み物というのは、思ったよりもお腹がふくれるものなのです。

私も置き換えをするつもりは全くなかったのに、ドリンクを飲んだら意外とお腹が一杯になって、結果的に置き換えダイエットになってしまったというありがたいことがままあります。

ロイヤルミルクティーそのものはそこまでカロリーの高い飲み物ではないため、本来食べるべき1食を1杯に置き換えられるというのはかなりデカいです。

また、普通に食事をするという場合でも、1杯ロイヤルミルクティーを飲んでから食事をすると、かなり「食べる量が減る=ダイエットになる」ので、とってもオススメです!

ぜひお試しを!

それでもカロリーを更に抑えたい方は…

それでは、ダイエットにも良いロイヤルミルクティーを更にダイエット向けに飲むための秘訣として、いくつかポイントをお伝えします。

ポイント①“牛乳”にこだわる!

まずロイヤルミルクティーの大半を占める牛乳についてですが、これは無脂肪乳低脂肪乳といった牛乳を使ってミルクティーを作ると大きなダイエット効果が期待できます。

カフェでも、牛乳を無脂肪乳に変更してもらえますか?と聞くと、たいていのお店では無料で変更してくれたりするので、カロリーをできるだけ抑えたい方はぜひ変更してもらいましょう。

ポイント②“甘味料”にこだわる!

続いては、甘味料について。

やはり、甘味料はカロリーが高いものがどうしても多いですから、通常より甘さを控えめにしたり、グラニュー糖といった一般的なものを使うのではなく有名なものだと「パルスイート」のような砂糖の代わりになる甘味料を使うとよいでしょう。

また、こういった人工甘味料を使うのではなく、ハチミツやメープルのような天然甘味料を使うのも非常にオススメです。

最後に

いかがだったでしょうか。

スタバのようなカフェで、よくみなさんが飲んでいるチョコたっぷりのドリンクやクリームたっぷりのドリンクに比べると、ロイヤルミルクティーのカロリーはそれほど恐ろしいものではありません。

そういった魅力的なドリンクほど、たった一杯でも500kcal、600kcalを平気で越えてくるものが多いですから。

飲み方次第ではロイヤルミルクティーは十分ダイエットにも効果的なドリンクと言えますので、ぜひ幸せなひと時を楽しみながらダイエットに励んでみて下さい!

それではまた。