リストレットって何?エスプレッソとの違いは?どちらが苦い?

はじめに

ミル子

コーヒーも男性の顔も「あっさり系」が好みのミル子です\(^o^)/

以前は「濃いめ」が好きだったんですけどね…。

歳を取ってきたんでしょうか…(^_^;)

え?

コーヒーの話ですよ??

ということで、今日はそんな「コーヒーにまつわる話」をしようかと。

ずばり、

「エスプレッソ」と「リストレット」の違

についてです!!

きっと「エスプレッソ」は聞いたことがある人や知っている人も多いかと思います。

しかし、「リストレット」って何?という方は意外と多いのではないでしょうか?

そんなあなたも、この記事を読めばカフェ店員並みの知識が身についちゃいますよ!!

それに加えて、カフェでドリンクを頼む時もちょっぴりツウな頼み方ができるようになっちゃいます♪

ぜひ最後までお読みくださいね!

それでは早速参りましょう♪

ミル子

レッツらゴー!!

 

「エスプレッソ」とは?

まず始めに、知っている人も多いであろう「エスプレッソ」について簡単にご説明していきます。

「エスプレッソ」とは、専用のマシンでコーヒー豆に圧力をかけ、熱湯で一気に抽出したコーヒーのことです。

エスプレッソで使われるコーヒー豆は、極細挽きで焙煎が深めのものを使用します。

通常のドリップコーヒーとは違って、エスプレッソは味わいや苦みや旨みといったコーヒーの成分がより凝縮されています。

皆さんもよくご存知のカフェラテやカプチーノ、カフェモカといったドリンクメニューは、基本的にこの「エスプレッソ」をベースとして作られています!

 

「リストレット」とは?

それでは、「リストレット」とは何でしょうか。

「リストレット」というのは、一見エスプレッソと見た目はそこまで変わりませんが、量と味の濃さに違いがあります!

まず「量」ですが、リストレットはエスプレッソよりも少ないお湯の量で抽出するため、全体の量がリストレットは少なめとなります。

エスプレッソが1だとしたら、リストレットはその半分の0.5といったところでしょうか。

そして、お湯の量が少ないのに対し、使用するコーヒー豆の量はエスプレッソと変わらないため、よりコーヒーの味がお湯に凝縮されることで、リストレットはエスプレッソよりもコーヒーの味わいがギュッと詰まった濃厚な味となります。

量が少ないため、コーヒーの味も薄いのかと思いきや、その逆!

リストレットはエスプレッソよりもすごく濃い味わいとなるんですね♪

 

どちらが苦い?

では、エスプレッソとリストレットはどちらが苦いのか?

先ほど言ったように、コーヒーの味わいはエスプレッソよりもリストレットの方が濃厚となります。

そして、それは苦味に関しても同じです。

つまり、エスプレッソよりもリストレットの方が苦味が凝縮される分、必然的に苦味も強くなります

ですので、カフェでエスプレッソショットを頼む時に、リストレットにカスタマイズして注文する人は、かなりツウな人と言えるでしょう。

エスプレッソも初めて飲む人やコーヒーの苦手な人にとってはかなり濃くて苦いコーヒーでしょうから、それよりも濃くて苦いとなると相当ですよね…!

このことから、実質的にカフェのドリンクメニューの中で最も苦いドリンク、それが『リストレットショット』と言ってもいいでしょう。

 

「リストレット」はどんな時に頼むの?

さて、この「リストレットショット」ですが、どんな時に注文するのがオススメなのか、私の頼み方の例をご紹介したいと思います。

おすすめ①苦くて濃いコーヒーをクイッと飲みたい朝に

まずは王道的な注文方法ですが、リストレットをそのままクイッと頂く飲み方です。

量が少ないので、すぐに飲みやすい一方で、しっかり凝縮されたコーヒーの旨みが一口で最大に味わえるので、時間のない朝や目を覚ましたい朝にオススメとなります。

朝開店したばかりのカフェに立ち寄って、エスプレッソをリストレットで味わいながら気合いを入れて出勤する。

まさに、理想の朝の迎え方と言えますね!

おすすめ②より大人向けのドリンクにカスタマイズしたい時に

大人向けのドリンクは好きだけど、エスプレッソほど苦いのはちょっと…という方にオススメしたいのがこちら。

通常のドリンクに、リストレットショットを追加して頼む飲み方です。

例えば、カフェラテやカフェモカといったドリンクにリストレットショットを追加して飲めば、いつもより苦味とコーヒーの味わいが強めのドリンクが味わえちゃいます。

より大人風のアレンジを楽しみたいときには、うってつけのカスタマイズですので、ぜひいつものドリンクにリストレットショットを追加して飲んでみてはいかがでしょうか?

おすすめ③フローズンドリンクに苦味を追加したい時に

私がよく利用する飲み方がこちら。

スタバならフラペチーノ、タリーズならスワークルといったフローズン系のドリンクにリストレットショットを追加して飲む飲み方です。

フローズンドリンクにエスプレッソなんて合うの?と思いきや、これが意外と合っちゃうんです。

いかにも甘くてスイーツ感満載のフラペチーノやスワークルが少し苦手…という方もいるでしょう。

しかし、リストレットショットを追加するだけで、一気に大人向けの味わいへと変身させることができるんですね。

エスプレッソを追加してもいいのですが、先ほども言ったように、エスプレッソはリストレットよりも量が多め=お湯の量が多めとなってしまいますから、フローズンが溶けやすくなってしまいます…。

せっかくのフローズンがあっという間に溶けてしまうのは少しもったいない…と思う方もたくさんいますから、そんな時はリストレットを追加するのがオススメ!

これによって、あまりフローズンを溶かさずにコーヒーの味わいをプラスして、ちょっぴり大人のフローズンドリンクを優雅に楽しむことができますよ♪

 

最後に

リストレットとエスプレッソの違いは、なんとなく分かって頂けたでしょうか?

ぜひ、この違いを知って、よりカフェを楽しむ際の参考にしてみてくださいね!

それではまたお会いしましょう♪

ミル子

ぐっばいばーい*\(^o^)/*