ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いって?名前の由来は?

 

みなさん、こんにちは。

今日は、“ミルクティー”と“ロイヤルミルクティー”の違いについてのお話です。

カフェなどのお店に行くと、「ロイヤルミルクティー」という表記をよく見かけますよね?

この「ロイヤルミルクティー」、そもそも「普通のミルクティー」と何がどう違うんでしょうか?

ロイヤルミルクティーの「ロイヤル」ってイギリス王室って意味だから、高級なミルクティーのことをロイヤルミルクティーと言うのかな?なんて当時私は思っていました。

皆さんの中にも、この二つの違いがわからないという人はきっと多いはず。

そこで今回は、これら二つの違いについて解説したいと思います。

それでは参りましょう!

レッツらゴー!!!

 

ミルクティーとロイヤルミルクティーの違い

早速ですが、まずは「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いから説明していきましょう。

結論から言ってしまえば、「牛乳を入れる」か「牛乳で煮出す」かの違いとなります。

紅茶に牛乳を足したものが「ミルクティー」

まず「ミルクティー」についてですが、いわゆる通常のミルクティーは、ポットを使って普通にお湯で淹れた紅茶に牛乳を少量入れたものがそれにあたります。

紅茶大国イギリスでは最も一般的な飲み方で、本場では「Tea with milk(ティーウィズミルク)」と呼ばれています。

なお「ミルクティー」という呼び方は、本場では通じないので気をつけましょう。

水と牛乳で煮出したものが「ロイヤルミルクティー」

一方の「ロイヤルミルクティー」は、鍋で沸かした牛乳と水で茶葉を煮出したものをロイヤルミルクティーと呼んでいます。

先ほどの「ミルクティー」のように、ポットを使って紅茶単体で淹れる必要はないものの、作る過程で牛乳の膜を取り除いたり、茶葉をこしたり、といった手間がかかるのが特徴です。

ちなみにこの「ロイヤルミルクティー」も日本語ならではの呼び方のため、本場では通じませんのでご注意を。

海外では、このロイヤルミルクティーのことを「シチュード・ティー」と言うそうです。

シチューという料理からも分かるように、「シチュー」には「煮込む」という意味があります。

茶葉をミルクで「煮込む」ことから、この名前で呼ばれているのですね。

牛乳の分量で区別することも…?

また、補足ですが、牛乳の分量が少ないものを「ミルクティー」分量が多いもの(2分の1以上が牛乳で出来ているもの)を「ロイヤルミルクティー」と呼ぶこともあります

 

「味わい」に違いはあるの?

では、この「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」、味にどんな違いがあるのか?

一般的に、ロイヤルミルクティーは紅茶とミルクを一緒に温めるので、通常のミルクティーよりも濃厚でコクのある味わいになります。

まさに、「ロイヤル」の名を彷彿とさせる味わいですね

 

ロイヤルミルクティーの由来って?

先ほど「ロイヤルミルクティー」は、海外では通じないと言いましたね。

というのも、ロイヤルミルクティーの呼び名が誕生したのはこの日本だと言われているからです。

当時まだ紅茶が世間であまり一般的でなかった1930年。

この頃から変わらず営業を続けているお店に、ティーハウスリプトン(京都)があります。

そのリプトンが1965年、「ロイヤルシリーズ」としてプリンやエクレアといったお菓子とともに「ロイヤルミルクティ」を提供したのが、この呼び名の始まりだと言われています。

本場イギリスの雰囲気が味わえる「ロイヤルミルクティ」という呼び名は瞬く間に話題を呼び、今や知らない人がいないほどにまでなりました

 

美味しい(ロイヤル)ミルクティーを作るポイント

それでは、最後に美味しいミルクティーないしロイヤルミルクティーを作る大事なポイントを一つ。

それは、ミルクティーに合った茶葉で作ること。

茶葉には、ミルクティーに合うものと合わないものがあります。

それらの味の違いを理解して、ミルクティーに合う茶葉を選ぶ。

これが美味しいミルクティーを作るための近道です

 

最後に

いかがだったでしょうか。

ミルクティーの世界はとても奥が深いものです。

そして、作り方をほんの少し変えるだけで、味に大きな差が出てきます。

これをきっかけにミルクティーに興味を持っていただけたら、これほど嬉しいことはありません。

ぜひ一度、家で極上のミルクティーを作ってみてはいかがでしょうか?

ゆくゆくは、どこのカフェよりも美味しいミルクティーを作れるようになって、お友達に自慢しちゃいましょう!

それではまた!

ぐっばいばーい\(^o^)/