ハンドドリップでエスプレッソ並みに濃いコーヒーを淹れる方法

こんにちは!

最近エスプレッソの美味しさが分かるようになり、大人の階段をまた一段登ってしまったミル子です\(^o^)/

今回のテーマはこちら。

ハンドドリップでエスプレッソ並みに濃いコーヒーを作る方法

みなさんは濃いコーヒーはお好きですか?

たまには、エスプレッソのように苦味とコクのある濃いコーヒーが飲みたくなる時もありますよね?

もしくは、カフェラテやカフェモカなどのカフェドリンクを作る際に、ドリンクのベースとなるエスプレッソが家でもカンタンに作れたらいいのに…とお考えの方もいるはず…。

ということで、今回はそんな方に向けて、ハンドドリップでもエスプレッソに近いコーヒーを淹れる方法を伝授していきたいと思います♪

それでは参りましょう^^

レッツらゴー!!!

用意するもの

まずは必要なものから順番に揃えていきましょう。

①コーヒー豆

まずは必須のコーヒー豆

エスプレッソ並みに濃くてドッシリとした深みのあるコーヒーを作るには、「お豆選び」は超重要。

基本的には、「深煎り」のコーヒーで、ボディが強いものを選ぶようにしましょう!

 

②ドリッパー

続いてはドリップ抽出に欠かせない器具の一つ、ドリッパーです!

ドリッパーには色々な種類の形がありますが、正直ドリッパーによってそこまで大きな味の違いはないというのが個人的なホンネ…。
(ただし、抽出にかかる時間や注ぎ具合の微々たる差は確かにあります…)

始めは、自分がピンときたデザインのものを選ぶ!といった具合でまったく問題はないでしょう♪

使いやすさとオシャレさでオススメなのは、ハリオですね。

 

③コーヒーサーバー

ドリッパーと同様に必要なものが、コーヒーサーバーです。

こちらも、サーバーによって大きな味の違いはあまりありませんので、最初はお好きなものを選ぶと良いでしょう。

これもオススメは、やっぱりハリオでしょうか…。

なんと言っても、デザインが素敵…。

まさに現代的なデザインで、これでコーヒーを淹れているだけでプロっぽく見えちゃいますね。

 

④ペーパーフィルター

お次は、ペーパーフィルターです。

コーヒーを抽出する際に、ドリッパーにセットして使用します。

ペーパーフィルターは、円錐型や台形型など「ドリッパーの形に合わせたもの」を選びましょう!

⑤ドリップ用のケトル

最後はこちら、コーヒーケトルです。

「家のヤカンじゃダメなの??」とギモンの方もいらっしゃると思いますが、エスプレッソのような濃いコーヒーを作るには正直家庭用のヤカンではかなり厳しいです…。

エスプレッソのように濃厚なコーヒーを作るには、後ほどご説明するハンドドリップ抽出の際に、お湯の注ぎを細く、そしてゆっくり時間をかけて抽出する必要があります。

そして、家のヤカンでは注ぎ口があまりにも広すぎて、なかなか時間をかけてゆっくり細くお湯を注いでいくのが難しいのです…。

コーヒーケトルを一台持っているだけで、これから美味しいコーヒーが淹れられるようになるなら安いもの!

せっかく買ってきたコーヒー豆をムダにしないためにも、ケトルはケチらないようにしましょう^^

↓最強に使いやすいコーヒーケトルはこちら↓

 

エスプレッソコーヒーをハンドドリップで作る手順

それでは、いよいよハンドドリップでエスプレッソ並みに濃いコーヒーを抽出する手順をご紹介していきます。

必要なものさえ揃えてしまえば、どなたでも簡単に作れてしまいますので、ぜひお試しを!

なお、基本的なハンドドリップに関する知識は↓の記事でご紹介していますので、見ていない方はコチラもチェック!

コーヒーが100倍美味しくなる!知らなきゃソンするハンドドリップのコツ

①お湯を沸かして軽く器具を温める

まず、最初はお湯を沸かして器具(ドリッパー&サーバー)を軽く温めていきます。

美味しいコーヒー(エスプレッソ)は、鮮度が命!

ヒンヤリと冷えた器具でコーヒーを抽出すると、コーヒーの味の劣化も早まります。

しっかり器具を温めてからドリップすることが大切♪

②ペーパーフィルターをドリッパーにセットする

続いて、ペーパーフィルターをドリッパーにセットします。

この際、ペーパーフィルターには折り方のポイントがあります。

あえてここでは省略しますが、気になる方・忘れてしまった方はコチラを。

ちなみに、『メタルドリッパー』なんていうペーパーフィルターを一切必要としない、お財布にも地球にも優しいオシャレ&スマートなドリッパーもあります…。

興味のある方は調べてみては?^^

③挽いたコーヒー豆をドリッパー&サーバー内に入れる

次に、ハンドドリップ用に挽いたコーヒー(以下、「コーヒー粉」と呼ぶ)をドリッパーにセットしたフィルター内に入れましょう。

使用する分量についてですが、シングル(30cc)の分量の濃いコーヒーを作る際に必要なコーヒー粉の目安は10gです。

普通のコーヒーであれば、10gで1杯分(約150~200cc)のコーヒーができますが、今回は何と言ってもエスプレッソのように濃いコーヒーを作ることが目的ですから、出来上がりはたったの30ccでオーケーです!

④抽出する

必要な量のコーヒー粉をセットしたらいよいよ抽出です。

エスプレッソタイプの濃厚な苦味のあるコーヒーを抽出する際のポイントは、とにかくお湯の注ぎ(注がれるお湯の口)を細くし、時間をかけた抽出を心がけること、です!!

時間をかけるといっても、お湯を途切れ途切れ注いで時間稼ぎをするワケではなく、お湯の注ぎはしっかりと切らさず、なおかつお湯の注ぎ(ケトルから注がれるお湯の線)を限界まで細くすることで、お湯の注ぎの勢いをあえて弱くする(ゆっくりにする)イメージ!

そして、自分が作りたいコーヒーの分量に達したらすぐに抽出をストップします。

出来上がりの分量が少ないため、おそらく抽出時間はあっという間に思えるかと思います!

 

それでもやっぱりエスプレッソには勝てないのか…

以上のやり方でハンドドリップ抽出をすれば、それなりに濃くて苦味のあるコーヒーが出来上がります!

ただし、それでもエスプレッソマシンのような「エスプレッソを抽出すること」に特化したマシンにはクオリティの面では勝てないのがホンネ…。

「どうしても美味しいエスプレッソが飲みたい!」という方や、「エスプレッソを使った本格カフェドリンクが飲みたい!」という方は、この際奮発してエスプレッソマシンを買ってしまうのもアリかもしれません♪

自宅にあれば、周りの知人にも自慢できちゃいますしね…!!

エスプレッソマシンは、まさにカフェ好きの憧れ”ですから…。

初心者にも扱いやすく、値段の割にパフォーマンスが高いことで有名なエスプレッソマシンなら『デロンギ』というメーカーがオススメです♪

8000円前後でミルクスチーム機能の付いたマシンも買えてしまうので、思い切って奮発しちゃうのもアリです!

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

私は、ほんの最近まで、家でカフェラテやカフェモカ、キャラメルラテといったドリンクを作るときによくハンドドリップで「エスプレッソ系のコーヒー」を作っていました。

使うコーヒー豆の割にできる分量が少ないのでもったいないように感じますが、それでもカフェでドリンクを頼むよりは数倍安く済みますし、何より美味しいドリンクを作ることができます!

ぜひ、みなさんも家で試してみてくださいね^^

それではまたお会いしましょう。

ぐっばいばーい\(^o^)/