スタバやタリーズにカフェオレがない理由。ラテとの違いや頼み方は?

ミル子

「カフェラテ」じゃなくて「カフェオレ」が飲みたいんだけどどうすればいいの!?

今回はそんなお悩みを抱える皆さんにとっておきの情報をお届けします♪

さてさて、みなさん、スタバやタリーズといったカフェのメニューを見て、

「あれ…?カフェオレってないの??」

と思ったことはないでしょうか??

カフェオレ好きの私としては、「なんで無いんじゃー!!」と始めは驚きを隠せませんでした。
(私はこの「カフェなのにカフェオレが無い現象」をオレオレ詐欺ならぬ“カフェオレ詐欺”と勝手に命名しています…)

ということで、今回はそもそも“カフェラテ”と“カフェオレ”や“カプチーノ”って何がどう違うの!?といった疑問や、なんでスタバやタリーズにはカフェオレが無いの!?という誰も今まで明かさなかったナゾについて解明していきたいと思います。

ということで、早速参りましょう!

ミル子

レッツらゴー!!!

 

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違いは?

まず始めに、そもそも「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」といったドリンクの違いについて、ここではっきりさせておきたいと思います♪

一番ややこしいのは「カフェオレ」と「カフェラテ」ですが、結論から言ってしまえば、これらはベースとなるコーヒーやミルクの量によって呼び方が変わってくるのです。

まず、(ベースとなるコーヒーに関して)中に入っているコーヒーが【ドリップコーヒー(ドリップで淹れたコーヒー)】で出来たものが『カフェオレ』

一方で、中に入っているコーヒーが(一般的なドリップ式コーヒーではなく)【エスプレッソ】で出来たものが『カフェラテ』です。

※ちなみに、【エスプレッソ】とは、イタリア式のコーヒーのことで、高い圧力をかけて短時間で一気に抽出したコーヒーのことです。

これがエスプレッソ!↓

 

そして、カフェオレとカフェラテは、コーヒーとミルクの比率もそれぞれ異なります。

カフェオレは、コーヒー:ミルク=5:5の割合。

カフェラテは、コーヒー:ミルク=2:8の割合。

つまり、カフェラテの方がミルク感がより強い!と言えます。

ちなみに、この割合はカフェによっても微妙に変わってくることがあるので、一概に全てのカフェでこういう割合になる!というワケではありません。

補足ですが、カフェラテはイタリア語で、「ラテ」=「牛乳」という意味。

カフェオレは、フランス語で、こちらも「オレ」=「牛乳」という意味です。

要は、「ラテ」も「オレ」も意味的にはどちらも「牛乳」を表しますが、カフェラテがイタリア語、カフェオレがフランス語という言語的な違いもあります。

それでは、「カプチーノ」はどうか?というと、実はカプチーノは基本的にカフェラテと材料は全く同じなんです。

じゃあ何が違うんだ?となるわけですが、ずばりカフェラテと異なるのは、ミルクの質です!

カフェラテが比較的泡の少ないスチームミルク(蒸気で温めたミルク)で作られているのに対し、カプチーノは泡がたっぷりでふわふわモコモコのフォームミルク(泡状のミルク)で作られています

下の写真で見れば一目瞭然ですね。

↓これがカプチーノ。泡がもこもこ!↓

 

ちなみに、名前が似たドリンクに「カフェモカ」と呼ばれるものもありますね。

ついでながらに説明しておくと、「カフェモカ」とは一般的にチョコシロップが入ったものをカフェモカと呼びます。

つまりは、カンタンに表すなら「カフェモカ=カフェラテにチョコシロップを混ぜたもの」です。

どうですか?

なんとなく分かってきたでしょうか?^^

 

なぜスタバやタリーズにはカフェオレがないのか?

さて、それでは本題です。

カフェで実際にメニューを見ればわかるように、スタバやタリーズなどには「カフェラテ」はあるのに、「カフェオレ」というメニューがありません…。

特に、大きな有名チェーンのカフェで、こういった「カフェラテ」はあるのに「カフェオレ」がない…という状況がよく見られます。
(※ただし、中にはコメダ珈琲店やカフェ・ベローチェなどのように、カフェオレもしくはカフェオーレといったメニューがあるカフェもあります!)

「まろやかで美味しいカフェオレが飲みたいなー♪(´ε` )ワクワク!

となんて思いながらカフェに行くと、

「え…カフェなのにカフェオレないの!?まじか…(゚Д゚)」

となります。

それでは、なぜスタバやタリーズにカフェオレはないのか?

その理由は、「シアトル系カフェの歴史」に原因があります。

ここからはちょこっとややこしい話になるので、カフェの歴史に興味のある方だけどうぞ♪

早く「スタバやタリーズでカフェオレを飲む方法教えてくれ!」という方は、こちらをクリックしてください^^

ではまず、カフェのスタイルについてですが、スタバやタリーズといった現在日本で全国展開している有名カフェチェーンは、一般的に「シアトル系カフェ(シアトルスタイル)」と言われています。

これは、単純にスタバやタリーズなどの本格的なコーヒーを提供するカフェの発祥地が、シアトルを中心とするアメリカの西海岸で発展していったから。

そして、このシアトル系カフェの最大の特徴が、当時イタリアのカフェやバールなどで提供されていたエスプレッソをベースとしたコーヒーに様々なアレンジを加えたものをお客さんに売るという点。

このエスプレッソをベースとしたドリンクこそが、つまりは「カフェラテ」や「カフェモカ」といったドリンクにあたります。

先ほども言いましたが、「カフェオレ」は、元をたどればフランスの飲み物

一方で、「カフェラテ」は、スタバやタリーズなどのシアトル系カフェの根源とも言えるイタリアの飲み物です。

すなわち、スタバやタリーズなどのカフェは歴史的に見て、そもそも「カフェオレを売る発想がない」のです。

「カフェオレはフランス語だしフランスの飲み物だし。
すいません…ウチ、イタリアンなんで!」

的なイメージです。

和食専門料理店がパスタを売らないみたいなイメージですね。

わかりづらかったらすみません(笑)

ってことで、イタリアの歴史をベースにしたカフェには意地と言いますか、伝統と言いますか、昔からの慣習と言いますか、とにもかくにもフランス発の飲み物であるカフェオレが無いんですね…。

とは言っても、こういったカフェで「カフェオレを飲む方法」っていうのは、一応存在します。

それを次以降にて説明していきましょう!

 

カフェでカフェオレが飲みたい時の注文方法(頼み方)

どうしてもスタバやタリーズでカフェオレが飲みたいとき…。

そんなときは、一体どうすれば飲めるのか??

その注文方法(頼み方)について解説していきます。

まずスタバにおけるカフェオレの注文方法ですが、『カフェミスト』というドリンクを注文する、基本はこれだけです。

『カフェミスト』というのは、ドリップコーヒーにスチームミルクとふわふわのフォームミルクを乗せたドリンクで、実質『カフェオレ』とほぼ同様のドリンクです。

先ほどご紹介したように、ドリップコーヒーをベースにしたものが『カフェオレ』、エスプレッソをベースにしたものが『カフェラテ』ですから…。

ただ、一つ欠点なのは、『カフェミスト』にはコールド(アイス)が無い、つまりはアイスカフェオレが無いということです。

では、「どうしてもアイスカフェオレが飲みたい!!」って時はどうしたら良いのかと言うと、

『アイスコーヒー』にコールドミルクをたっぷり追加してもらう

これが最善策になるかと思います。

要は、通常のアイスコーヒーに、「コールドミルク追加」のカスタマイズを施すことで、アイスのカフェオレと同様のドリンクが作れるというワケですね!

では、続いてタリーズコーヒーの場合ですが、こちらは簡単で、

「(ホットの場合は)ドリップコーヒーにスチームミルクを多めに追加で!」
「(アイスの場合は)アイスコーヒーにコールドミルクを多めに追加で!」

と注文すればいいわけです。

ただし、スタバのカフェオレにせよタリーズのカフェオレにせよ、共通して注意するべきポイントが一つ。

それが、「全然甘くない」ということ。

甘〜いカフェオレが飲みたい方はそのまま注文して出てきたものを飲んでも満足できないはずです。

もしも甘いカフェオレを飲みたい方は、砂糖やガムシロップ、もしくはカスタマイズ用のフレーバーシロップを追加して甘くする必要があります。

砂糖やガムシロップについては自分で好きな分だけ入れれば良いだけの話なので説明不要かと思いますが、「フレーバーシロップ」のトッピングについてはイマイチ分からない方も多いかと思いますので、↓こちら↓の記事を読んで頂ければ幸いです。

スタバでトッピングできるシロップやソースの種類・カロリー・値段一覧

この記事を参考に、フレーバーシロップカスタマイズをすると、『バニラカフェオレ(バニラ・オレ)』や『キャラメルカフェオレ(キャラメル・オレ)』、『ヘーゼルナッツ・オレ(もしくはアーモンド・オレ)』といったオリジナルのカフェオレが楽しめるようになっちゃいます♪

ぜひぜひ色んな味わいのカフェオレを楽しんでみてください^^

 

 

最後に

スタバやタリーズにカフェオレがない理由、カフェラテやカプチーノといったドリンクとの違い、そしてカフェオレの頼み方について、いかがだったでしょうか??

きっと私と同じようにカフェオレが好きで、「カフェオレが飲みたいなぁ…」と思った方はたくさんいるかと思います。

確かに『カフェオレ』という名前のドリンクはないかもしれませんが、決してカフェオレ同様のドリンクが飲めないワケではありませんので、ぜひこの記事を参考にみなさんのお好きなカフェオレを見つけてみてくださいね!

それではまたお会いしましょう!

ミル子

ぐっばいばーい*\(^o^)/*