ガムシロップがまずい?ガムシロが苦手な方にはアレがオススメ!

ミル子

ガムシロップよりも美味しいシロップが知りたい方は必見です♪

はじめに

みなさん、こんにちは!

突然ですが、みなさんはコーヒーや紅茶に何を入れていますか??

何か入れるなんて邪道!という「何も入れない派」の方。

ホットなら砂糖!、アイスならガムシロ!という「使い分ける派」

ホットだろうがアイスだろうが砂糖一択!という「ブレない派」方。

砂糖は好きだけどガムシロップは苦手なんだよなぁ…という「好き嫌い派」の方。

…などなど、きっと色んな方々がいることでしょう。

ちなみに私は、その日の気分に合わせてコロコロ変わる「スーパー気まぐれ派」です!( ̄^ ̄)ゞ

今でこそ時と場合によっては砂糖もガムシロも容赦なく使う甘党の私ですが、こんな私も実のところ昔は「ガムシロップ」というものがイマイチ苦手でした…。

なんだか分からないけど変に甘過ぎるというか、不自然な甘さというか、どこか人工的な味がするというか、あのガムシロ特有の味がだいぶ苦手だった記憶があります。

このように、ガムシロップが苦手…という方は探してみると実は意外と多いようです。

良かれと思ってガムシロ入りドリンクを知人友人に勧めたら実はその人はガムシロが嫌いだった…なんてことも大いにあり得る話です

そこで今回、ガムシロップが苦手な方、あるいはガムシロ嫌いの方のために、「ガムシロップよりも美味しい甘味料ってないの!?」と抜群の甘味料をお探しの方に、とっておきの情報をお伝えしていきます!

それでは早速参りましょう♪

ミル子

レッツらゴー!*\(^o^)/*

 

そもそも『ガムシロ(ガムシロップ)』とは?

カフェなどによく置いてあるガムシロップ。

みなさん、そもそもこの「ガムシロップ」って何なのか?

原料は何で出来ているのか?

などと、ガムシロップの根本について考えてみたことはあるでしょうか?

「そういえばガムシロップって一体なんだろう?」と今まで何も知らずに飲み物に入れてきた、という方…。

得体の知れないものを口にするって、よーく考えたらなかなか怖くないですか??

この際ですから、ここでハッキリさせちゃいましょう!

ずばり結論から言えば、ガムシロップというのは、砂糖液にアラビアゴム(アラビアガムとも)と呼ばれる安定剤を加えて作った液状の甘味料のこと!

アラビアゴムってなんやねん!という話ですが、アラビアゴムというのはアラビアゴムの木というまさにそのままの名前の樹から取れる樹液のようで、ガムシロップを作るために用いられる他、錠剤などの医薬品や糊(のり)などの接着剤、水彩絵の具や乳化剤といった非常に幅広い用途で用いられています。

ただ、食品加工が発展した現在では、このアラビアゴムでガムシロップが作られているケースは少なく、アラビアゴムの代わりに異性化糖(いせいかとう)」と呼ばれる甘味料でガムシロップが作られているようです。

「異性化糖」とは?

異性化糖とは、ブドウ糖果糖を主な成分とする液状糖のことで、日本の食品成分表示では「果糖ブドウ糖液糖」という呼び名で表記されています。
ブドウ糖よりも甘味が強く、お菓子などによく用いられているとのこと。
スイーツやお菓子を買う際には原材料名を見てみるのも面白いかもしれません!

ということで、話が長くなりましたが、現在よく目にするガムシロップというのは、こうしたお菓子などによく使われる「異性化糖(別名:果糖ブドウ糖液糖)」が使用されている甘味料である!と言えるワケです。

なぜ「ホット=砂糖」で、「アイス=ガムシロップ」なのか?

さて、それではなぜカフェなどではホットのドリンクには砂糖(グラニュー糖)を入れ、アイスのドリンクにはガムシロップを入れるのが定番となっているのでしょうか?

コレは、先ほどのガムシロップの成分に答えが隠されています!

先ほど、ガムシロップには「異性化糖(別名:果糖ブドウ糖液糖)」が含まれていると言いましたね!

この異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)というものは、高い温度では砂糖よりも甘みを感じにくく、低く冷たい温度では砂糖よりも甘みが増しやすいという面白い性質があります♪

そういった性質からこの異性化糖は皆さん大好きなアイスクリームやジュースなどの清涼飲料水に沢山用いられているそうです。

カフェなどで、アイスコーヒーやアイスティーなどの冷たいドリンクと言えば、砂糖ではなくガムシロ!というのも実はこうしたことに由来しているんですね!

ガムシロが“まずい”のはなぜ?

今この記事を読んでいる皆さん。

では、なぜガムシロップが苦手な方が多いのでしょうか?

ずばり、ガムシロップが嫌いな方は昔の私同様に「ガムシロ特有の味や風味」が苦手というパターンが大半だと思います。

冒頭でも少しお伝えしたように、どこか人工的な味がするというか変に甘いというか、不自然か甘さというか…。

飲んでいてどこか“違和感”的な何かを感じてしまうワケです

甘いものは好きなのに、なぜかガムシロップは苦手という人もいるのではないでしょうか?

それでは、こうしたガムシロ嫌いの人がアイスコーヒーやアイスティーなどの冷たいドリンクを美味しく飲むにはどうしたらいいのでしょう?

そんな方に、「とっておきの甘味料」をご紹介します^^

ガムシロが嫌いな人はコレがオススメ!

砂糖やグラニュー糖は好きだけど、ガムシロップはどことなく苦手…そんな人にオススメの甘味料はこちらです。

『シュガーシロップ』!!

シュガーシロップというのは、ガムシロップと違って、砂糖やグラニュー糖を水に溶かして作ったシロップのことです。

ガムシロップとはそもそも原料が違うため、見た目は似ていますが味は若干異なります。

皆さんご存知のスタバのコンディメントバー(グラニュー糖やガムシロップが置いてあるコーナー)には、粉末状のグラニュー糖やガムシロ、はちみつなどと並んでこのシュガーシロップも置いてあるので、実際に見たことがある方も多いかもしれません。

このシュガーシロップは、ガムシロのように独特な風味や味が少なく、個人的にアイスコーヒーやアイスティーによく入れて飲んでいますが、とても美味しく飲めています。

しかも、シュガーシロップは自宅でカクテルなどのお酒を作る時にもかなり使えるシロップで、お酒が好きな方でカクテル作りにチャレンジしてみたい方にもオススメです!

ネットならとても安くシュガーシロップが手に入るため、1度試してみるのもいいでしょう♪

ドリンクに入れるシロップとして新たな発見に気付けるかもしれませんよ?

↓の『ドーバーカリブのシュガーシロップ』は口コミも人気でオススメです♪

 

色んな味を楽しみたい方は、『フレーバーシロップ』もオススメ!

さらに、シュガーシロップ以外にも、コーヒーやカフェラテ、紅茶といったノーマルなドリンクを手軽に美味しくアレンジできてしまうシロップは沢山あります!

その代表が、『フレーバーシロップ』と呼ばれるものです。

例えば、まろやかなキャラメル味が特徴の「キャラメルシロップ」や、ふんわり香るバニラの甘さが特徴の「バニラシロップ」、香ばしい香りでどんなドリンクとも相性の良い「ヘーゼルナッツシロップ」など、実際に本格的なカフェでドリンクのレシピの中に使われていたりします!

そんなフレーバーシロップに少しでも興味を持たれた方は↓の記事がオススメです♪

ドリンクが激ウマ大変身!モナンシロップのおすすめ&人気種類まとめ

1度は買ってみたいオススメのシロップや、実際にカフェ好きの方や実在のカフェにて多く購入されている人気のシロップについて詳しくまとめた記事になっています♪

 

最後に

ガムシロップについての記事はいかがだったでしょうか?

ガムシロが好きな人も嫌いな人も、いつも飲んでいるドリンクを一層美味しくアレンジするために、ぜひ「シュガーシロップ」を活用してみてくださいね♪

それではまたお会いしましょう♪

ミル子:ぐっばいばーい*\(^o^)/*