スタバのレシピを動画で。

ジャンピングしないのはなぜ!?極上ミルクティー(紅茶)を作るコツ

みなさん、「ジャンピング」って知っていますか?

紅茶好きならぜひともマスターしておきたいのが、このジャンピング。

「美味しい紅茶を淹れるには、ジャンピングが何より大切」と語る専門家も沢山いらっしゃいます。

しかし、中にはジャンピングって何?という方や、全然ジャンピングしない!という方もよく見かけます。

ジャンピングを成功させるには、ほんの少しコツが必要になってきます。

あなたが正しいジャンピングの知識を身につけ、少しでも美味しい紅茶を淹れられるために詳しく解説していきたいと思います。

 

ジャンピングとは?

まずは、ジャンピングとは一体どのような現象のことを指すのかについて、ここで改めて確認しておきましょう。

まず新鮮な熱湯を茶葉の入ったポットに注ぐと、熱湯の対流によって中の茶葉が上下にフワフワと動き回ります。

この上下に動き回る現象のことを、我々は「ジャンピング」と言っています。

まるで茶葉がジャンプしているように見えることから、そう呼ばれています。

さて、みなさんが淹れた紅茶はキレイにジャンピングしていますか?

そもそもなぜジャンピングは起こるのでしょうか?

 

ジャンピングはなぜ起こる?

ジャンピングが起こる背景には、れっきとした理由があります。

それは、茶葉が浮かんだり沈んだり上下に動き回るのは、ポット内で以下のような流れが起きているからです。

「熱湯を茶葉の入ったポットに勢いよく注ぎ込む」
⬇︎
「お湯に含まれる空気(酸素)が気泡となって茶葉にくっつく」
⬇︎
「気泡の付着した茶葉が水面近くまで浮いてくる」
⬇︎
「茶葉は次第にお湯を吸って、今度は沈む」
⬇︎
「ポット内に生まれた対流によって、再び茶葉が浮いたり沈んだりを繰り返す」

 

これが、ジャンピングのメカニズムです。

このメカニズムを知っておくことで、ジャンピングを成功させるために必要な条件が自然とわかってきます。

ジャンピング成功の条件をざっくり言ってしまうとこんな感じ。 

・良質な茶葉を使っているか?

 

・空気をたっぷりと含んだ水を使っているか?

 

・適切な温度(95~98℃)のお湯を使っているか?

 

・適切な分量の茶葉とお湯を使っているか?

 

・ジャンピングが起こりやすい(対流が生まれやすい)適切なポットを使用しているか?

のちほど詳しく解説していきますので、今はとりあえずこんな感じで。

それでは、なぜ美味しい紅茶を淹れるためにはジャンピングが欠かせないのでしょうか?

 

ジャンピングはなぜ必要?

美味しい紅茶にはジャンピングが不可欠と言われますが、なぜジャンピングが必要なのか。

その理由は、ジャンピングがうまくいくことで、茶葉のひとつひとつがまんべんなくお湯と混ざり、ポット内に紅茶の香りや味、茶葉のエキスがじわじわと溶け込んでいくからです。

つまり、ジャンピングによって茶葉本来の味と香りが充分に引き出された紅茶に仕上がるということ。

極上の紅茶が飲めるかどうかは、ジャンピングがうまくいくかどうか?に懸かっているわけです。

では、どうしたらジャンピングがうまくいくのか。

ジャンピングを成功させるコツについて詳しく見ていきましょう。

 

ジャンピングを成功させるコツ

ジャンピングが起こるメカニズムから、ある程度ジャンピングのコツを掴むことができます。

主なコツについては以下の通りです。

コツ①新鮮で良質な茶葉を使う!

美味しい紅茶を飲みたいのであれば、やはり茶葉にはこだわりたいものです。

よく勘違いしている人がいますが、茶葉は「高ければいい」わけではありません。

値段はリーズナブルでも、質のいい茶葉は沢山あります。

「高い茶葉」を選ぶのではなく、「良質な茶葉」を選ぶこと。

そして、「飲みたい紅茶に合わせて茶葉を変える」のがポイントです。

コツ②空気をたっぷり含んだ水を使う!

ジャンピングを成功させる上で、最も大切なポイントと言ってもいいのが、この「空気を多く含んだ水を使う」ことです。

水選びも、お湯の量も、沸かし方も、そして注ぎ方にこだわるのも、すべては「空気」を水に含ませるためです。

詳しくはコチラの記事【ミルクティー(紅茶)に合う水は?美味しくするには◯◯を使え!】に書いてありますが、勢いよく水道から水を出し、汲みたての水を使うことが大事。

それだけ、空気はジャンピングにとって「命」とも言える大切なものになってきます。

コツ③お湯は適切な温度を守る!

最適温度は95~98℃で火を止めることです。

沸騰させすぎたり、温度がこれに満たないと、ジャンピングが失敗する確率は高くなります。

お湯の温度も、紅茶の味を左右する大きなポイントになりますので、充分な注意を払いましょう。

コツ④お湯と茶葉は適切な分量を守る!

意外と何も考えないまま、通り過ぎてしまうのが「分量」です。

例えば、自分一人用に紅茶を作るときでも1リットル以上のお湯を沸かすようにしましょう。

1人分だから400~500ccくらいでいいか…なんて沸かし方をしていると、ジャンピングがうまくいかない原因となります。

量が少ないと、それだけ水が含むことのできる空気の量も少なくなるため、結果的にすぐに酸素が無くなってしまうわけです。

「水量は多めに」を意識して沸かすようにしてください。

また、茶葉の分量ですが、茶葉の大きさによって分量を変えることをおすすめします。

具体的には、(ストレートティーの場合)大きい茶葉ならティースプーン大盛り1杯(約3g)、細かい茶葉なら中盛り1杯(約2.5~3g)といったところ。

コツ⑤ジャンピングが起こりやすいポットを使う!

使用するポットですが、ジャンピングしやすいものと、ジャンピングしづらいものがあります。

これは、ポットの形によって「熱湯の対流の起こりやすさ」が変わってくるからです。

では、どんなポットが良いのかというと、ずばり「丸い形の紅茶専用ポット」を使うとよいでしょう。

また、作る分量に合ったサイズのポットを選ぶことも重要です。

普段自分用に淹れることが多い人は小さいティーポットを、たくさん淹れる人は大きなティーポットを選びましょう。

 

ジャンピングがうまくいかないのはなぜ?

要するに、ジャンピングがうまくいかない!という人は、上に挙げた条件を満たしていない人ということになります。

失敗する人にありがちなパターンとしていくつか挙げてみたので、改めてチェックしてみて下さい。

ありがちな失敗①お湯の温度が低い

沸騰し始めたばかりのお湯や、魔法瓶などのお湯を使っていると温度はどうしても低めになってしまいます。

目安としては、沸騰し始めてから30秒間ほど沸かし続けたお湯がいいとされていますが、その時々の気温や季節や環境によっても変わってくるものです。

やはり、95~98℃で火を止められるように、最初のうちは温度計で測れるとベストでしょう。

はじめは温度計でしっかり感覚をつかむこと。

そして次第に沸騰のブクブク具合によってある程度判断できるようになってくれば、一人前のティーメイカーと言えるでしょう。

ありがちな失敗②二度沸かしのお湯を使った

こちらもありがちなパターンです。

初心者の方はよく知らずに沸かし直したお湯を使ってしまう人が多くいます。

しかし、沸かし直したお湯というのは、水の中に含まれる空気がだいぶ抜けてしまっているため、うまくジャンピングができない主な原因となります。

長時間汲み置きしておいたお湯も同様に空気が抜けてしまっている可能性があるので、できるだけ汲みたての水を使うようにしましょう。

ありがちな失敗③ボトル入りのミネラルウォーターを使った

「水道水は使いたくない」という理由で、ミネラルウォーターで紅茶を淹れる人がいますが、実はこれもジャンピングを阻害する要因の一つです。

ボトル入りのミネラルウォーターには充分な空気が含まれていないだけでなく、紅茶にはあまり適さないと言われる「硬水」にあたるため、できることなら浄水器を通した水道水を使いところです。

ただし、どうしてもミネラルウォーターを使いたい!という方もいるかと思いますので、その場合はボトル内の水量を少し減らしたあと、10回ほどボトルをシャカシャカ振ると、空気が混ざりますので、そのようにしてから使うようにしましょう。

 

美味しいミルクティーを作るためのジャンピングポイント

ここからはジャンピング時における、美味しいミルクティーを淹れるためのポイントをお伝えしていきます。

ポイント①茶葉を多めにして作る!

上でも言ったように、茶葉の分量は「ストレートティーで飲むのか、ミルクティーで飲むのか」によってもさじ加減を変えることをお勧めします。

ミルクティーで飲む場合は、通常よりも少し茶葉を多めにして淹れた方が、ミルクに負けないしっかりした紅茶に仕上がります。

ポイント②茶葉を長めに蒸らす!

ストレートティーの場合、お湯を注いでから茶葉を蒸らす時間は、細かい茶葉なら2~3分、大きい茶葉なら3~4分が妥当と言われています。

この蒸らし時間も、自分が何で飲むのか?に合わせる必要があります。

ミルクティーで淹れる場合はストレートティーよりも長めに時間を取って、しっかり蒸らすことで、豊かな香りとコクが生まれます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ジャンピングのコツは意外と沢山あり、困惑してしまった人もいるかもしれません。

そんな方のために、もう一度おさらいしておきましょう。

・新鮮で良質な茶葉を使う!

 

・水は空気をたっぷり含んだものを!

 

・お湯は適切な温度(95〜98℃)で!

 

・茶葉とお湯は分量をしっかり守る!

 

・ジャンピングが起こりやすいポットを使う!

コレさえ守っていれば基本はOKです。

あとは、何度も実際にチャレンジして体で覚えていきましょう。

ちなみに私はポット選びに失敗して、当初まったくジャンピングしませんでした…(笑)

まずは今あなたが使っている道具から見直してみては?

それではまた!

ぐっばいばーい\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です