自宅で「新型コロナの抗体検査」をする方法

直接が無理なら電話やメールでも可?店長に伝えてバイトを辞める方法と手順

クマ

バイトを辞めたい人、必見です。

皆さん、こんにちは。

今回は、

ペンギン

バイトを辞めたい…

と本気で悩んでいる方に記事を書きました。

ずばり、店長にバイトを辞めると伝える際の方法と手順について。

中には、

ペンギン

直接言うのは気まずいから電話やメールでも大丈夫かな…

と不安な方もいるかと思います。

そんな方は、この記事を読めば今すぐ抱えている悩みもスッキリするはず。

バイトを辞めたい方だけ、ぜひ続きをお読み下さい。

 

直接が無理なら電話やメールでも大丈夫?

まず、バイトは辞めたいけど、直接伝えるのは気まずい…という方に。

ここでは、電話やメールで店長に退職を伝えるのはOKかどうかについてお話します。

結論から言えば、世間的に考えると電話やメールで辞めると伝えるのはNGとされています。

店長や会社からすると、ちゃんと事情を聞きたいし、急に辞められてしまうのは困る…という背景があるからでしょう。

要するに、社会人としてのマナーというやつですね…。

が、絶対に直接でなければダメなのか?と言われるとそうでもないでしょう。

人によっては直接言えないという人もいるはず。

例えば、バイトで過度に悩んで鬱病になってしまったり、対人恐怖症になってしまったり、怪我や病気になってしまったり…などなど。

こうした場合は、電話やメールでの伝達も仕方がないと言えるでしょう。

そうした事情がある人に対して、「そんなの関係ナシに直接伝えるのが常識だ!職場に来い!」と言うのは、あまりにも酷ですから。

確かに、社会人としてのマナーは大切ですが、心身の健康はもっと大切。

世間の常識にあまり縛られすぎないようにしましょう…。

注意
一つ注意して欲しいのは、メールだと店長や上司が気づかないリスクもあります…。

メールでの伝達が許されるのも、しっかりと自分の具体的な意思や内容が店長に伝わることが前提になりますので、ご注意を!

 

直接伝える方法と手順

それでは、ここから具体的に店長に退職を伝える方法と手順について解説していきます。

まずは最もオーソドックスな「店長に直接伝える方法」です。

やり方としてはシンプルで、「退職日」「退職の理由」を素直に伝えるだけでOK。

退職理由に関しては、言いたくなければ「一身上の都合で」で大丈夫です。

無理して言う必要はありませんし、言わなきゃいけない義務もありません。

ただし、店長によってはなかなか聞いてくれない人もいるかもしれません。

この場合は、前もって退職届を書いておき、退職を伝える際に一緒に渡しましょう。

即日退職したい場合
法律では、2週間前までに退職の意思を伝えれば誰でも辞められることになっています。

逆に言えば、辞める2週間前までには退職を伝える必要があるということ。

原則、即日退職するのは難しいですが、どうしても辞めたい事情がある場合、コチラをご参照下さい。

 

電話で伝える方法と手順

続いて、「電話で退職を伝える方法」について説明いたします。

こちらも、直接退職を伝える場合同様に、「退職日」「退職の理由」を店長(上司)に伝えます。

この際、電話でしか伝えることができない事情も一緒に説明しておくのがベターです。

でないと、「なぜ直接言いに来ないんだ?」と店長から責められかねません。

「精神的に限界である」「対人恐怖症になってしまった」等、何か特別な事情があるなら一般的な店長なら分かってくれるはずです。

退職届に関しては、後日お店に届けに行くか、もしくは郵送で送るように伝えます。

郵送で送る場合は、当然ですが送料は自分持ちにすること。

この電話で伝える場合も、退職日の2週間前に申し出るという法律が適用されますので、お忘れなく。

もし、今すぐに辞めたい方はコチラを参考に。

 

メールで伝える方法と手順

最後は、「メールで伝える方法」をご紹介。

基本は同じで、「退職日」「退職の理由」を店長(上司)にメールで伝えます。

ただし、気をつけなければいけないのは、直接伝えたり電話する方法と違って、メールは一方通行的な手段であるということ。

つまり、店長がそのメールに気づかない=読まないリスクもあるということです。

この場合、メールを読まないことであなたが職場に来るものだと思い、後になってトラブルに発展しない可能性もなくはありません。

ですので、お店のためにも自分のためにも出来たら避けたい方法ですね。

さらに、仮にメールを店長が読んだとしても、まだリスクはあります。

それは、メールで退職を伝えるのはいくらなんでも非常識だと店長が思った場合、親など身内に連絡してくる恐れもあること。

「お宅のお子さんは、メールで退職を伝えるなんてどんな教育をしているのか?」

と店長が憤慨してくるケースです。

実際にメールで退職を伝える方は、こういったリスクを考慮した上で実行に移しましょう。

もし、こうしたリスクを極力防ぎたい方や親バレしたくないという方は、次でご紹介する方法がおすすめです

 

【即日退職OK】トラブルを起こさず今すぐ辞める方法

電話やメール、そしてもちろん直接伝える方法においても、その全てにデメリットや大きなリスクがあります。

これからバイトを辞めようと考えている方は、出来ることなら大きなトラブルも起こさずに安心して辞めたいですよね?

 

「できたら会社と一切連絡を取りたくない」
「親や身内に知られたくない」
「今すぐにでもバイトを辞めたい」

 

こういった方は、『退職代行サービス』を使うのも手です。

退職代行サービスというのは、近年利用者が急増している非常に便利なサービス。

その名の通り、退職に必要な連絡や手続きを代行会社が代わりにやってくれるというものです。

しかも、要望があれば親や家族に連絡がいかないよう職場との間でうまく配慮してくれますし、即日退職することも可能。

つまり、明日から仕事に行きたくない人もそれが叶ってしまうわけです。

ペンギン

退職代行とか、なんか怪しくない…?

と思う方もいるでしょう。

確かに、代行業者の中には一見費用を安く見積もって最終的に値段を加算するような悪徳業者や、対応が不十分で適当な会社もあるみたいです。

ですから、もし代行会社にお願いする場合は、十分に退職実績のある会社(なおかつ値段も安い会社)に依頼することをオススメします。

ちなみに、個人的にオススメなのは、退職代行EXITという会社です。

ここは、値段も一律で業界トップクラスの費用の安さ。

そして何より、日本の退職代行サービスの中で退職実績ナンバーワンという信頼感があります。

退職に関して不安な方は、本当に自分が辞められるのか相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

相談はLINEでも出来ますし、何より無料なのでノーリスクですよ。

 

↓相談しようかお考えの方はコチラ↓
すぐに仕事を辞めたい方は「EXIT」へ

 

 

最後に

いかがだったでしょうか。

どんな方法であれ、辞める時はそれなりの勇気が必要です。

ただし、人生は正真正銘1度きり

その人生を「つらいこと」で埋め尽くしていたら、非常にもったいないと思いませんか?

このまま今の職場に居続けるのも、1歩踏み出すのもあなたの自由。

良い人生を送れますよう心から願っています!

 

↓ラクに職場を辞めたい方は参考までに↓
退職代行EXIT