飲み物は「水」で決まる。魔法のウォーターサーバー

パートを辞めたいと言えない人が今すぐ確実に辞めるたった1つの方法

辞めたい方だけ読んで下さい!

皆さん、こんにちは。

お仕事の方は、今日も本当にお疲れ様でした。

今回は、

パートの仕事がつらい。今すぐにでも辞めたい…

と思っている方に向けて記事を書きました。

とはいえ、

パートは辞めたいけど、なかなか言えない…

といった悩みを抱えている方も多いはず。

ですが、この記事を読んで頂ければ、今あなたが抱える悩みや問題は一瞬で消えてなくなります。

そんな具体的な解決策をお伝えしていきますので、一刻も早くつらい仕事から解放されたい方だけ、ぜひ続きをお読み下さい。

 

始めに:きっかけは知人の相談…

まず始めに、私がこうした記事を書こうと思ったキッカケについて少しだけ。

ずばりキッカケは、最近まで飲食店で働いていた知人のとある相談から。

ある時、知人からこんなことを言われました…。

バイト(パート)がつらすぎてもう辞めたい…

知人

詳しい話を聞くと、職場の人間関係や仕事がつらくてもう耐えられない…とのこと。

しかし、辞めたくても周りには言えなかったそうです。

ただ結論から言うと、後ほどご紹介する「無理なく辞める方法」を私が知人に教えたことで、最終的に知人は退職を決断。

そうして辛いバイトを辞めた今では、色んなしがらみから解放され、平穏な日々が戻ったようです…!

後日彼女から、

本当に辞めてよかった…

知人

と泣くほどに感謝されました。

この経験を通じて私は、

ミル子

他にも仕事で悩んでいる人がいるかも…

と、ふと思うようになりました。

そして、一人でも多くの人を同じ苦しみから救えたらと思って記事を書いています。

これが現在記事を書いているキッカケ。

もし、この記事を読んでいるあなたが同じように悩んでいて、「辞めたいけど辞められない…」「辞める勇気がない…」「辞めるのが怖い…」と思っているのなら、ぜひこの続きも読んで頂けたら幸いです。

 

「辞めたい」が言えない理由

なぜ辞めたいのに、私たちは「辞めたい」が言えないのか?

それにはいくつか理由が考えられます。

ここでは、その中でもよくある代表的なものを5つご紹介。

もし、あなたの言えない理由がこの中にあるのなら、心配する必要は全くありませんので、ご安心下さい。

①気まずいから

まず、多くの人が抱えやすい悩みに「気まずいから(辞められない)」という理由が挙げられます。

実際、上司(店長)に辞めると言い出すのは、めちゃくちゃ気まずいですよね…。

それに上司だけでなく、自分が辞めたいことを知った同僚との関係も気まずくなりやすい。

この気まずさは、辞められない原因としてかなりあるあるの部類です。

しかし、よくよく考えてみれば、パートを辞めたあとも職場の人に好かれる必要なんて全くないのです。

一度辞めてしまえば、人間関係なんてそこでひとまず終わり。

会いたくない人とは会わなければいいだけ。

今はどう思われようが、10年後はどうでもよくなってるよ、きっと。

ただし、もし仕事を辞めても関係を壊したくないほど親しい人がいる場合

この場合は、どこかのタイミングでその人には自分の本音を打ち明けるのが良いでしょう。

本当に親しい人であれば、仕事に悩む(悩んでいた)あなたのことを、いつかきっと分かってくれるはずだからです。

今は言えなくても、ある程度の月日が経って、自分もお店も落ち着いてから話せば大丈夫ですよ。

 

②人手不足だから

続いての理由は、「人手不足だから(辞められない)」という理由。

これもまた、よくある話です。

ただ、この問題に対してはシンプルに考えるのがベストです。

ずばり、「なんとかなる」

こう考えましょう。

というか、ほんとコレに尽きます。

実際どんな人手不足のお店であっても、そのお店を何とか回すように会社が何とかするからです。

例えば、急きょ新しいバイトを採用したり、他店からヘルプを呼んだり、一時的に本社勤務の社員をお店に立たせたり…。

パートが辞めた時の対策なんて、会社にはごまんとあるよ…!

むしろ自分1人が辞めて、それでお店が潰れるようなら、そんな危機的な状況で対処しない会社やお店に責任があります。

とはいえ、あなたがお店を辞めたところで何だかんだでお店は回ります。

心配するだけ時間がもったいないということです。

 

③上司(店長)が怖いから

続いては、「上司や店長が怖いから(辞められない)」といった理由です。

「辞める」と伝えたら、上司(店長)になんて言われるか…。
辞めたあとも、ずっとしつこく付きまとわれるのではないか…。
嫌がらせのように、自分や自宅に電話をかけてくるかも…。

などなど…。

悩み出したらキリがないよね…

確かに、こうしたことが本当に起きるのでは?と怖くなる気持ち、痛いほど分かります。

私も昔、働いていた飲食店を上司の反対を押し切って辞めた時は、死ぬほど怖かった記憶があるので。

でも、いざ辞めてしまえば全く音沙汰なし

あの時の恐怖が、ウソみたいに消えてなくなりました。

後ほどご紹介する辞め方に沿って辞めれば、自分や家に電話したり押しかけるなんて問題も余裕で防げますのでご安心を。

 

④会社から訴えられるのが怖いから

お次は、「会社から訴えられるのが怖いから(辞められない)」という理由。

もし万が一、自分が辞めたことでお店に損害が出て訴えられたらどうしよう…。

そんな悩みを抱える方も少なからずいるのではないでしょうか。

ただ、これはよっぽどのことがない限りあり得ないでしょう。

なぜなら、まず万が一あなたが辞めたことが原因でお店が潰れた(会社に損害が出た)としても、それがあなたのせいであることを完全に証明することは難しいから。

そして先ほども言ったように、パートが一人辞めた程度でお店が潰れてしまうのはあなたが悪いのではなく、そうした状況に陥らせた会社が悪いとも言えるからです。

まずあり得ないでしょうが、万が一にも裁判沙汰になったとしても、そもそもあなたが会社を辞める原因は会社の何かにあるはず。

つまり、お店に損害を与える原因も元をたどれば「そのお店自身」にあると言えるわけです。

さらに言ってしまえば、裁判をするだけでも莫大なお金がかかりますし、そうした裁判をすることで会社やお店のブランドにも傷がつく。

メリットよりもデメリットの方が圧倒的に多いので、パートひとりに裁判を起こすという発想がそもそも起きないのではないでしょうか?

 

⑤辞めた後の生活が不安だから

最後は、「辞めた後の生活が不安だから(辞められない)」という理由です。

これは確かに、自分の生活に直結する問題なので悩むのも無理はありません。

大半の人は、今のパート一本で生活している人が多いでしょうから、その仕事を辞めたら収入が無くなってしまいますよね。

では、この不安はどう対処すべきか?

ずばり、「次の仕事の目星をつけておく」こと。

これが対処法としては有効です。

コレ、すっごく大事!

今のパートを辞めたら、次に自分はどんな仕事がしたいのか?

内職するのか、また外に出るのか。

およそ目星をつけておけば、仮に仕事を辞めたとしても次のステップへスムーズに踏み出せます。

そして、何だかんだ言ってもこの世に仕事は膨大にあるということも忘れないように。

今の仕事よりもあなたに適している仕事というのは、必ずあります。

だから今の仕事だけがあなたの全てだとは思い込まないようにしましょう。

いずれにせよ、どんなにあれこれ悩んでいても大抵は取り越し苦労で終わります。

あなたは何も悪いことをするわけではなく、労働者全員にある「辞める権利」を使うだけのことです。

 

「辞めたい」と言わずに今すぐパートを辞める方法

それでは、お待ちかねの今すぐパートを辞める方法をご紹介します。

方法としては、大きく分けて二つあります。

一つは、「身内に伝えてもらう」という方法。

もう一つは、「退職代行にお願いする」という方法です。

詳しく解説していきます。

①身内に伝えてもらう

まず一つ目の方法ですが、「身内に伝えてもらう」という方法があります。

身内というのは、自分の親であったり、兄弟、祖父母や親戚など。

自分の口から職場に退職を伝える勇気がない人は、第三者にお願いするのも一つの手。

ただ、

自分の厄介事に親しい誰かを巻き込むのはちょっと…

と気が引ける方も多いでしょう。

そんな方は、次で紹介する方法がおすすめです。

 

②退職代行にお願いする

もう一つの方法がこちら。

「退職代行にお願いする」というもの。

この方法は、その名通り退職に伴う会社との面倒なやりとりを、退職代行のプロである人たちが代わりにやってくれる画期的なサービスです。

私の友人が仕事を辞めた時も、このサービスを利用したことで職場や会社とは一切連絡を取ることなく退職に成功。

要望があれば、当の本人はもちろん、家や家族にも職場から連絡が行かないように配慮もしてくれます。

ただ、中には

退職代行って、なんか怪しそう…

と半信半疑の方も多いでしょう。

確かに、退職代行会社の中には初期費用を安く設定しておいて、あとから会社と連絡を取るたびに料金を加算して過剰請求する悪質業者や、サービスや対応がずさんでトラブルに発展するケースもあるようです。

だからこそ一つ確実に言えるのは、トラブルを起こす心配や違法性がなく、安心できる業者を選んで欲しいということ。

皆さんが今どんなに仕事を辞めづらい状況であれ、トラブルが起きることなく安心して辞めさせてくれる業者を選ぶのは大前提でしょう。

これを踏まえて私がお勧めするとしたら、弁護士に依頼するか、もしくは法人かつ労働組合として運営されている退職代行ガーディアンという代行会社がトラブルを起こさず辞めたい方にはお勧めです。

とはいえ、弁護士に依頼するのはどうしても5~10万円程度の費用はかかってしまうので、リーズナブルさと安全性を両方重視したい方には現実的に考えてガーディアンがベストかな…といった印象です。

他にも退職代行会社は沢山あるのですが、実はこうした退職代行会社が会社の利益目的で自分の代わりに会社と代理交渉をするのは違法性が高く、ケースによっては裁判沙汰になってしまう事例も近年出てきています。

弁護士法72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

この点、ガーディアンは業界で唯一法適合のある労働組合であるため、労働組合法6条によって労働者のための代理交渉はOKと規定されています。

ですから、皆さんがトラブルなく安心安全で確実に退職をしたいのであれば、万が一のことも考えて一般的な退職代行会社よりも、法律的に安全な方を選ぶことをお勧めします。

ガーディアンの場合、相談するだけなら無料ですから、気軽にLINEで相談してみるのもいいでしょう。

↓無料相談を検討している方へ↓
簡単&確実&低価格の
退職代行ガーディアン公式HP

 

退職代行会社なら即日退職も可能

さて、先ほどご紹介した退職代行会社の場合ですが、何より優れた点がこれです。

即日退職ができること。

つまり、明日から仕事に行きたくない場合は今日中に辞めることも可能ということ。

相談したその日に退職できる…って、すごいですよね。

一刻も早く仕事を辞めたい方にとっては、これほど安心できる言葉はないでしょう。

そしてさらにありがたいのが、会社と連絡すら取る必要すらないということ。

それは、面倒な会社とのやりとりや連絡は全て退職代行会社が肩代わりしてくれるからです。

会社から借りているものを返すのも、退職届の提出も全て郵送でOK。

希望があれば、本人や家族には会社から連絡がいかないように配慮までしてくれるようです。

仕事を辞めることを家族にもバレたくない!という方は、これ以上ないサービスではないでしょうか。

 

退職代行でパートを辞める手順

とはいえ、まだ退職代行を使って辞める道筋や実感が持てない方も多いと思います。

ですので、ここでは退職代行へ実際に依頼してからパートを辞めるまでの究極的に簡単な手順についてご紹介します。

退職代行を使って辞めるのは極めてシンプルで、たった3ステップで退職までこぎつけられます。

MEMO
ちなみに①の「相談」を飛ばして、最初から依頼をすればたった2ステップで退職可能です…!
STEP.1
相談

まず最初は、退職代行会社への相談です。

相談内容としては、

・明日から会社に行きたくない…

・◯月◯日に辞めたい!

・本当に辞められるのか不安…
・会社と連絡を取りたくない…
・離職票を送ってもらいたい…
・有給を消化できるように交渉して欲しい…

といった要望や疑問点があれば、まずは気軽にLINEや電話を通じて相談します。

何かモヤモヤ抱えている悩みがある方は、まずは相談だけしてみるのもお勧めです。

 

STEP.2
振り込み

相談した結果、退職代行サービスを依頼することに決めたら、ここで振り込みをします。

振込先は公式HPに書いてあるので、必要な金額を振り込みましょう。

 

STEP.3
退職実行&完了

振り込みが確認でき次第、正式に依頼は完了です。

退職代行会社が勤務先との間で決めた日時に退職手続きを進めてくれます。

退職の知らせを待つまでは不安で仕方なくなると思いますが、(退職代行ガーディアンの場合)今まで退職できなかった例というのは一度もないそうです。

なので、ここはプロを信じて安心して待ちましょう!

 

パートを辞めたいけど辞められない方へ

今パートを辞めたいけどなかなか辞められない…と悩んでいる方。

きっとパートを辞められない理由については、人それぞれ色んな理由があるでしょう。

例えば、「人手不足で辞められない」「言うのが気まずくて辞められない」「上司が怖くて辞められない」「辞めたあとの生活が不安で辞められない」などなど。

しかし、一つ確実に言えるのは、私たち労働者には全員「辞める権利」があるということ。

現在どんなに職場が人手不足だったととしても、それでも労働者には辞める権利があることは変わりません。

「人手不足だから辞めるな!」というのは、労働者の立場をないがしろにする会社の身勝手な願望と言わざるを得ません。

無理に辞めろとは言いませんが、あなたが今どんなに悩んでいても、一度辞めてしまえば悩みはキレイさっぱり無くなるということは覚えておいて下さい。

実際に今どんなにつらい悩みを抱えていても、仕事を辞めて1年も経てば些細な思い出に変わるはずです。

どんなに人手不足の職場であろうと、あなたがパートを辞めても何だかんだでお店は必ず回り続けてしまうものですし、一度辞めてしまえば職場の人間関係の悩みも綺麗さっぱり無くなります。

今の職場も大切かもしれませんが、あなたの心身はもっと大切。

何だかんだでパートという存在は替えが利くものですが、あなたという人間は替えの利かない唯一無二の存在です。

それだけは絶対に忘れないようにしましょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

日本人は優しすぎる人が多いゆえに、自分の口から退職を伝えるのが苦手な人が多いようです。

きっと自分の口から「辞めたい」が言えずに今この記事を読んでいるあなたも、根がすごく優しい人なのだと思います。
(だからこそ、現在進行形で辞められない気持ちと辞めたい気持ちが心の奥底で葛藤しているのでしょう…)

「辞めたい」が言えないせいで、たった一度の人生を棒に振るのは非常にもったいないと私は思います。

このまま今の職場に居続けるのも、1歩踏み出すのもあなたの自由。

1歩踏み出してしまえば、あとは進むだけ。

あなたが心から望む人生を送れるよう、心から願っています。

 

あなたにとって
この記事が2度と読む必要のない記事になることを願って。

 

↓1歩踏み出したい方へ↓
退職代行ガーディアン公式HP