スタバのレシピを動画で。

スタバのバイトを今すぐ(明日)辞めたい人!確実に辞める方法教えます。

本当に辞めたい人だけ読んでね?

みなさん、こんにちは!

今日もお仕事、本当にお疲れ様でした。

今回はスタバで働いていて、

もうバイト辞めたい…

と思っている方に記事を書きました。

題して…

 

スタバのバイトが
つらい&しんどい人へ!!
バイトを今すぐ確実に辞める方法

 

この記事は、スタバのバイトが心からつらい…そう思っているあなたの背中を少しでも押そうと思って書いたメッセージです。

「バイトを確実に辞める方法」「辞めたいけど辞められない場合の対処法」「バイトを辞めたあとの不安を無くす方法」など、出来るだけ現実的な解決策をお届けしていきますので、ぜひお付き合い下さい。

それでは参りましょう。

 

きっかけは知人の相談…!

まず始めに、私がこうした記事を書こうと思ったキッカケについて少しだけ触れておきます。

ずばりキッカケは、知人のとある相談。

その知人もスタバほどではないですが、かなり大手のコーヒーチェーン店で働いていました。
(しかもわりと最近まで)

すると、ある時その知人からこんな相談が…。

知人

もうバイト辞めたい…

詳しい話を聞くと、職場の人間関係がつらすぎてもう耐えられない…とのこと。

辞めたくても、なかなか周りには言えなかったそうです。

ただ結論から言うと、色々ありながらも知人は結局バイトを辞めることに。

私が、とある会社(サービス)を勧めたことで、ようやく決断に至ったようです。

そうして辞めた今では、あらゆる苦痛や悩みから解放され、穏やかな日々が戻ったそう…。

辞めるまでは何もかも不安で憂鬱だった彼女が、今では「本当に辞めてよかった…」とまで言ってくれました。

この経験を通じて私は、

ミル子

他にも同様に悩んでいる人の役に立てないだろうか…

と思い、この記事を書くことに。

もし、この記事を読んでいるあなたが同じように悩んでいて、「辞めたいけど辞められない…」「辞める勇気がない…」「辞めるのが怖い…」と思っているのなら、ぜひこの続きも読んで頂けたら嬉しいです。

 

スタバのバイトの実情…

ここでは、皆さんが働いているスタバのバイトの実情について書いてみました。

正直、私はスタバで働いたことはありません!

ただ、この記事を書くにあたって、入念な調査と取材を本気でしたつもりです。

MEMO
スタバで昔実際に働いていた元店員さんの方にも、労働環境や仕事内容、当時の人間関係など取材しています!

ネットもフル活用して、口コミや評判、スタバのお仕事について調べまくりました。

それらを基に得られた、スタバのバイトの実情がこんな感じ。
※あくまでネットで得られたような一個人の意見&感想です。これが真実かどうかは鵜呑みにし過ぎないように!

・基本、忙しい
(特に土日や新しいドリンク&グッズが出た時はスーパー激務)
・上司は「厳しい人」と「優しい人」で見事に別れる
・福利厚生はしっかりしている
(休憩中の無料で貰えるドリンクやコーヒー豆の支給など)
・研修(座学&実習共に)の充実度は半端ない
・覚えることが多い
(ゆえに半永久的に学び続けることが求められる)
・マニュアルはないが、スタバの理念を徹底的に叩き込まれる
(強く理念を刷り込まれるのである意味宗教のように感じる人も。)
・人間関係の良し悪しは店によって大きな差がある
(ただし大抵の場合、お店に1人は怖い人or苦手な人がいる場合多し)
・日々の業務に対して高いクオリティが求められる
(店長によるが、基本ゆるい気持ちで仕事はできない)
・日々の業務に対して綿密なコミュニケーションが求められる

いかがでしょうか?

皆さんが働く職場も、あながちコレと似たような状況ではないでしょうか…?

こういった状況をみて、自分は改めてスタバには向いてないな…と思った方は引き続き記事を読むことをお勧めします。

 

バイトの苦痛から解放される方法

きつい…辞めたい…もう耐えられない…。

そんなあなたに一つお伝えしておくと、バイト先で抱えている悩みや苦痛から解放されるには大きく分けて二つだけ。

①バイトを続けながらも抱えている悩みを解決する

もしくは、

②いっそバイトを辞めて人生をリセットする

このどちらかです。

たいていの場合、①を選択する人が多いよね…!

そう。

日本では、何かを途中で辞めること=悪いことという固定観念が世間で浸透しています。

と同時に、苦しいことを我慢すること=美徳というイメージも強くあるでしょう。

だから、仕事を辞めたいと思っても、上司や同僚はなかなか辞めさせてくれない。

私たち自身、辞めたいと思ってもなかなか踏み切れないのです。

しかし、私たちが人間である以上どうしても自分に合わないことは必ずある。

実際、それで解決できないケースというのも無限に存在します。

むしろ解決できないことの方が多いと言ってもいい。

私の知人もまさにそうでしたから。

大事なのは、「何かを途中で辞めることが悪いこと」という日本人特有の固定概念に縛られることではなく、「自分がこの先どうしたいのか?」を真剣に考えること。

あなたは、心の奥底ではどんな仕事を望んでいるでしょうか?

 

辞めたいけど辞められない場合の対処法

とはいえ、

私には仕事を辞める勇気なんてないし…

という方も多いでしょう。

では、なぜ仕事を辞められないのか?

その理由については、「今自分が辞めたらお店が回らなくなってしまうかも」「勇気がないから辞めると言い出せない」「辞めたら店長や上司に何されるか分からない」「人間関係が気まずくなる」「会社から訴えられるかも」「辞めたあとの生活が不安」などといった理由が多いかと思います。

ですが、正直これらの悩みはそこまで気にする必要はありません。

なぜなら、一言で言えば「辞めたら辞めたで、何とかなる」から。

なぜそう言い切れるのか、もっと詳しく悩みをスッキリさせたい方は以前書いたコチラの記事を参考までに読んで頂ければ幸いです。

辞めてしまえば、今あなたが関わっている仕事の関係は全ておしまい。

辞める時こそ最も勇気を必要としますが、そこさえ乗り切ってしまえばあとは自由の身!

そう考えましょう。

 

「バイト辞めたい=甘え」ではないということ。

よく日本では、

バイト辞めたいは甘えだー!

と煽ってくる方々、いませんか?

しかし、「バイト辞めたい=甘え」というのは、バイトを辞めて欲しくない人側の言い分だと思ってOK。

バイトを辞めたいは、決して甘えではありません。

人生における立派な選択肢の一つです。

海外の人を例に挙げるなら、彼らは今の職場が少しでも肌に合わないと感じたら、すぐに職を変えるそうです。

日本人だって、そういう人がいたっていいとは思いませんか?

むしろ私は、そっちの方が人間らしいと思います。

聞いた話によると、スタバには「人間らしさを大切にする」文化があるみたいですね。

これをどう捉えるかは人によるでしょう。

ただ、従業員においても人間らしさを大切にしてくれる文化があるならば、「バイト辞める=甘え」といった言葉は決して出てこないはずです。

それを「逃げ」と呼ぶなら、逃げで結構!

解決できない辛さや苦しみを我慢してこのまま続けるのか。

さっさと逃げて、自分がやりたいことに向かっていくのか。

どちらが「人間らしい」でしょうか??

 

今すぐ(明日)仕事を辞める方法

それでは、仕事を辞めようか悩むあなたに、

一応、こんな方法もあるよ?

と、仕事を辞める方法について教えます。

①の方法は、一番定番で会社の規定に沿った辞め方ですが、原則今すぐ辞めるのは難しいやり方です。

②の方法は、やり方次第ですぐに辞めることは出来なくないですが、最も勇気が必要な上に必ず辞められる保証はない(少しリスクのある)やり方です。

③の方法は、お金はかかりますが、今すぐ(何なら明日にでも)辞めることができ、その上一切会社やお店と連絡を取る必要がないというやり方です。

それでは順番に見ていきましょう。

①店長に直接伝える

まずは、誰しも一度は考える定番の方法がコチラ。

「店長に辞めることを伝えて退職手続きを進める」方法。

ただし、最も勇気が必要なやり方です。

店長に申し出てから、最短でも辞めるのに2週間は必要。

これは民法で決まっていますので、絶対に守らなくてはいけません。

職場の全員に辞めることを知られた上で、

2週間も耐えらえない…

という方はあまりオススメできません。

 

②人事部に連絡する

続いては、「人事部に直接連絡する」という手もあります。

スタバも大手のカフェチェーンなので、本社には人事部と呼ばれる部署があるはず。

店長に直接伝えるのが難しい…という方は、参考までに知っておくといいでしょう。

人事部には、「あなたが勤めている店舗の名前」「何月何日付けで退職すること」「有給が残っているなら使いたい」等を伝えます。

辞める理由を訊かれたら、「一身上の都合で」でOK。

もし明日から仕事に行きたくないor行けない場合、人事部には「精神的にきつい」「家庭の事情で」など、明日から仕事に行くのが難しい旨を伝える必要があります。

ただ、その場合も基本的には退職できるのは2週間後になりますので、仕事に行くor行かない、退職届等の書類はどうするか、会社へ返すものはどうするか等々、会社との間で相当話をする必要があります。

それに加えて、大抵の場合、「そもそも退職理由は何か?」「仕事が嫌になったのなら、それをまず誰かに相談したのか?」「相談していないのなら、まず相談した上で解決できなかったらまた考えよう」など、話がもつれる可能性もあります。

これらを踏まえた上で実行できる人はこの方法もありかも…

 

③退職代行に依頼する

最後の方法がコチラ。

①や②が難しい場合の、最終手段と言ってもいいでしょう。

私が知人に勧めて、知人から泣くほど感謝されたのもこの方法でした。

比較的最近になって話題になり、「本当に全部やってくれる」「会社やお店と一切連絡せずに辞められる」「明日から憂鬱な仕事をしなくても良くなった」「やっと解放された…」と実際の利用者から相当高い評価を受けているサービス、それが『退職代行サービス』です。

正直私も初めてこのサービスを聞いたときは、

ミル子

ぶっちゃけ、うさんくさくない??

と思ったのは言うまでもありません。

が、実際に知人がこのサービスで人生を救われたことで、このサービスが悩んでいる人を救うれっきとしたサービスなのだと確信に変わりました…。

ただ、注意して欲しいのは、ちゃんとした業者を選んで欲しいということ。

注意
変に値段が安い業者だったり、実績の無いor少ない業者だったりすると、ちゃんとした対応をしてくれないことがあったり、料金を途中途中で水増しして(悪く言えば)ぼったくるような会社もあるらしいです。

そこで、私が皆さんに唯一安心できる代行会社を紹介するとしたら、こちら。

名前は、退職代行EXITという会社でした。

ここは面倒なことは全て代行会社が引き受けてくれて、どんなに相談に乗っても、どんなに連絡を取っても値段は一律。

しかも業界トップクラスに費用が安い。

これは知人の話ですが、ここは対応が丁寧で、担当の人も優しく、何もトラブルが起きることなく安心してスムーズに辞められたと話していました…。

ちなみに、私がこの会社を知人に勧めた大きな理由の一つ。

それが、EXITは日本の退職代行サービスの中で退職実績ナンバーワンだったから。

もし仕事を辞めたい…という方は、相談無料なのでまずは相談だけでもしてみては??

 

↓相談はコチラから↓
すぐに仕事を辞めたい方は「EXIT」へ

 

退職代行のメリット・デメリット

先ほどご紹介した退職代行サービスですが、念のため利用しようかまだ悩んでいる方のためにメリットとデメリットについても紹介しておきます。

まず、このサービスを利用するメリットとしてはやはり「いますぐに辞められる(明日にでも辞められる)」という点と、「一切会社と連絡を取る必要がない」点が挙げられるかと思います。

EXITの公式HPによると、

すぐに辞められる即日対応
ご相談を頂いた当日から対応可能です。お客様のお時間に合わせて、休日や深夜でも可能な限り、対応しております。

とのこと。

一刻も早く仕事を辞めたい方にとっては、これほど安心できる言葉はないでしょう。

そして、もう一つの大きなメリット。

それが、「会社と連絡を取らなくていい」というもの。

そんなバカな…

と思いますが、こちらもHPには

会社への連絡不要
会社への連絡は EXIT が代行いたしますので、もう上司と話す必要はございません。退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

とハッキリ載っています。

実際、私の知人も仕事を辞めてから会社とは一切連絡を取っていないとのこと。

しかも、本人や家族には会社から連絡がいかないように配慮までしてくれたようです。

仕事を辞めることを家族にもバレたくない方は、これ以上ないサービスですね…。

一方でデメリットがあるとするならば、やはりお金がかかってしまうことでしょうか。

もちろんタダで済ませられるならそれに越したことはありません。

ただ、退職することを会社に伝えるのはとてつもなく勇気が必要です。

そのあと退職に伴う手続きも相当なストレスになるはず…。

その苦労をお金で解決できるなら、一度の支払いで全ての苦しみから解放されるならば、人によっては安いものかもしれません。

費用を高いと見るか安いと見るかは、「あなたが現在苦しんでいる度合い」によるのではないでしょうか?

 

退職代行EXITの費用が気になる方はコチラ!

 

補足
ちなみに、私の知人はカフェを辞める際に退職代行会社EXITさんに依頼したことで、残っていた有給まで消化でき、結果的に退職代行費用分は有給の分で補えたそうです…!

個人で会社とやり取りした場合、会社から有給消化までお願いできるか不安…(退職を伝えるだけで一杯一杯になりそう)という方は、なおさら検討してみるのも有りな気がします。

ただ、これはEXITさんに依頼した場合の話。

EXIT以外の他の退職代行会社がここまで尽くしてくれるかどうかは不明です…すみません。

 

最後に

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。

この記事が今悩んでいるあなたに、少しでも力になれたら幸いです。

以前の記事でも話したことですが、とある本にこんなことが書かれていました。

「今生きているどんな人であれ、100年後この世にいる人は一人もいない。」

当たり前の話ですが、100年後には今この世にいる人は全員いなくなります。

今悩みのタネとなっているアノ人も、自分の家族も、親しい友達も、あなたにとって一番大切な人も、そして当然あなた自身も。

今どんなに悩んでいようと、苦しんでいようと、それがめちゃくちゃ面倒で厄介な人間関係によるものだろうと、100年後は綺麗さっぱり無くなります。

だったら、もっと肩の荷を軽くして、「自分って、これからどんな人生を歩みたいんだろう…?」と少し自分に問いかけてみることをオススメします。

肩の荷なんて軽くできない…今ほんとに死にたいほど苦しいから…

と思う気持ちは分かります。

つい最近まで仕事で苦しんでいた私の親しい友人がそうでしたし、私自身も実はそんな過去があるので。

ただ忘れないで欲しいのは、人生は一度きりであるということ。

これから続く長い人生の、広い世界で、あなたが通っている職場はほんの一部の小さな世界でしかありません。

仕事なんてこの世に腐るほどあります。

このまま今の職場に居続けるのも、1歩踏み出すのもあなたの自由です!

あなたが良い人生を送れますよう心から願っています♪

それではまたお会いしましょう!

ミル子

ぐっばいばーい*\(^o^)/*

 

↓1歩踏み出すならコチラから↓
退職代行EXIT