飲み物は「水」で決まる。魔法のウォーターサーバー

なか卯を辞めたいのに辞められない人へ!今すぐ辞める方法

皆さんこんにちは。

最近なにかと仕事の悩み相談を受けることが多い当サイトの管理人ミル子です!

今回は、

なか卯のバイトがしんどすぎて辞めたい…

と悩んでいる方に向けてアドバイス的記事を書きました。

一定層に絶大な人気を誇る外食チェーンのなか卯ですが、せっかちなサラリーマンやワガママなお客が多かったり、職場の人間関係に悩まされていたりと、接客業ならではの悩みを抱えている方も多いでしょう。

働く人の中には、「正直仕事を辞めたい…」と思っても、そう簡単に辞められない(辞めさせてくれない)職場環境に身を置かれている方もいらっしゃるはず…。

そこで今回は、内心今すぐにでも辞めたいのに辞められない…!という方に、100%確実に辞められる方法をご紹介していきます。

どうかこの記事が、仕事でひたすら辛い思いをしている皆さんを救うキッカケになれば幸いです。

それでは参りましょう!

MEMO
当記事はバイトさんや正社員等の雇用形態に関係なく、現在なか卯で働きながらも辛い思いをしている全ての方に向けて書いた記事です。仕事で本気で悩んでいる方は、この先もずっと我慢し続ける前に、どうか一度だけでもこの記事を読んで頂けたら嬉しいです。

仕事を辞められない「理由」を考える

本当は仕事を辞めたいのに、
とても辞められる空気ではない…。

これを読んでいる今のあなたは、そんな状況にいるのかもしれません。

でも、その背景には必ず何かしらの「仕事を辞められない理由」があるはずです。

例えば、

・人手不足だから
・店長や上司(先輩)が怖いから
・辞めると言い出すのが気まずい
・人間関係がギクシャクしてしまうのが辛いから

など、理由は人によって様々でしょう。

ただ、どんな理由であろうと仕事を辞めたい皆さんには絶対に覚えておいて欲しいことが一つだけあります。

 

私たちには「辞める権利」がある

現在働いている皆さんが、この先どんな時でも絶対に覚えておいて欲しい、たった一つのこと。

それは、私たち労働者には誰でも「辞める権利」があるということです。

よくありがちな、仕事を辞められる雰囲気ではないとか、お店や会社側が辞めさせてくれないなんてのは、あくまでお店や会社の勝手な都合でしかありません。

仕事を辞めるかどうかは、本来働く側である私たちが自由に決めていいものなのです。

そして、それは法律(民法)でもしっかりと決められ、記載されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
(民法627条1項)

つまり、退職を申し出さえすれば誰でも辞めることが出来ると法律が私たちを保障してくれているわけです。

どんなにそのお店が人手不足であろうろうと、どんなに自分がお店にとって重要な役職に就いていようと(仮に店長クラスであっても)、あなたが仕事を辞めたいと思ったなら好きな時に辞めていいんです。

MEMO
会社やお店の雇用契約や就業規則によっては、「退職の◯ヶ月前までには申し出ること」等の記載がされている場合もありますが、原則としてこれは会社の定め=強制力は法律の方が上であるため、労働者は申し出をすれば会社の許可(承認)がなくとも退職は可能です。

つい私たちは働かせてもらっているという感覚からか、無意識に「お店や会社など雇用する側=上、従業員など雇用される側=下」という認識を持ってしまいがち。

でも本来そんな上下関係などはなく、「雇用する側も雇用される側も対等であるべき」という考えが法律の定めによるところなのでしょう。

だからこそ、いつだって私たちには辞める権利があるということを決して忘れないようにしましょう。

 

辞めたら迷惑がかかる?→関係ありません

仕事を辞められない人の多くは、「辞めたらお店に迷惑を掛けてしまうから」という悩みを抱えています。

確かに、あなたがお店を辞めることでお店や会社には大きな迷惑を掛けてしまうかもしれません。

でも、よくよく考えてみましょう。

あなたが仕事を辞めたいと思うまでの心境にまで追い詰めたのは、今の仕事や職場であるはず。

今日この日まで一生懸命頑張ってきたあなたは、もう十分なほどにお店のために尽くしてきているんです。

だったら、最後くらい「いかに自分が辛い思いをしていたか」「どれほど自分が追い込まれていたか」を身を持って職場に教えてあげてもいいのではないでしょうか。

でないと、その職場はまたあなたのような犠牲者をこの先も出し続けてしまうでしょう。

そもそも人間である限り、どんな人であれ誰にも迷惑をかけずに完璧に生きていくなんて100%不可能です。

退職するなら一切迷惑を掛けることなく辞めたいほど今の職場には何から何まで感謝している、というならまた別の話です。

が、そういうワケでもないならば、皆さんに本来保障されている「辞める権利」をフル活用して今の職場を辞めても決してバチは当たらないでしょう。

 

自殺するくらいなら思いっきり「逃げ」ていい。

さて、日本は自殺者が極めて多い国として有名です。

その理由も今なら何となく分かるかも…

という方も多いのではないでしょうか。

特に、仕事はその引き金として大きな原因の一つ。

私たちには職業選択の自由があり、本来好きな時に仕事を辞められる権利もある。

なのに実際の職場となると、仕事を辞めようとするだけで

それって、「逃げ」じゃないの?

とか

辞めたいとか、「甘え」でしょ?

と、やたら批判してくる風潮があります。

ただ、人間には誰かを批判することで上に立とうとする「批判欲求」があるので、こういった批判をあなたが本気で受け止める必要性は一切ありません。

下手に受け止めてしまえば、余計また精神を追い詰めることになりますから。

だから、ずっとこのまま辛い状況を我慢し、精神を病んだ末に自らの命を絶ってしまうくらいならば、この際思いっきり逃げたっていいんです。

どんなに「逃げじゃないの?」と責められても、

「逃げ」ですが、何か?

くらいの気持ちで開き直りましょう。

全ては自分の命を守るためです。

そして、何よりあなたがこの先の人生を幸せに生きるためです。

 

「自分で伝える」か、それとも「退職代行を使う」か。

仕事を辞める際に最も勇気が要るのは、「退職を伝える時」ではないでしょうか。

王道なのは、店長に「◯月◯日に辞めます」とハッキリ伝える方法ですが、

最初からこれができたら苦労しないよ…

という方も多いでしょう。

それもそのはず、退職を店長に伝えるのはとてつもなく覚悟も勇気も必要で、しかもその後の雰囲気が最悪なものになるのは目に見えているからです。

注意
ただし、店長に退職を伝えても実際に辞められるのは2週間後と法律で決まっているので要注意。究極的な気まずさとギクシャクした雰囲気の中で耐えなければいけないその2週間は、人によっては人生最大の地獄とも言えるかもしれません…。

そこで、

2週間なんて待てない…明日にでも辞められる方法はないの?

という方には、一つだけ手があります。

それが、「退職代行を使う」ことです。

 

退職代行を使えば、最短即日で辞められる(しかも自分はただ待つだけ)

退職代行というのは、退職サポートのプロである人に依頼して、自分の代わりに退職を伝えて&退職を進めてもらう退職専用のサービスです。

このサービスを使えば、一切お店や会社と連絡を取ることなく職場を辞めることができます。

しかも、2週間という期間を待つことなく何なら明日にでも辞めることも可能。

なぜそれが出来るかというと、退職代行会社が本人に代わってお店や会社へ「本人はとても仕事に行ける体調や精神状態ではない」といった旨を伝えてくれ、実質的な退職までの2週間を欠勤扱いにしてくれるからです。

MEMO
仮に就業規則等で「退職の◯ヶ月前までには申し出ること」等の記載があったとしても、退職代行を使えば即日で辞められます!

ただ待っているだけで本当に職場を辞めることが出来てしまうので、職場との面倒なゴタゴタやトラブルに巻き込まれたくない方、人間関係の気まずさやギクシャクが煩わしい方にはうってつけのサービスと言えるでしょう。

注意
ただし退職代行サービスにもいくつか会社があり、それらの中には法律的にグレー(むしろアウト)な業者も実際に存在するので要注意です…。

具体的に言うと、こうした退職関連の事案を本人に代わって会社と交渉するのは原則弁護士にしか許されておらず、特定の会社(業者)が利益目的で行うのは違法だと法律(弁護士法第72条)で定められています。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。ー弁護士法第72条

実際、違法性の高い会社に依頼したことで会社との間で大きなトラブルにまで発展する事例も大いに発生し得るので、依頼する際は必ず違法性のない業者に依頼するようにしましょう。

違法性の高い業者を頼んだことで、万が一裁判沙汰になるのだけは絶対困る…

違法性がなく、なおかつ費用も低価格で安全な代行会社については後ほどしっかり紹介するので、もし利用を考えている方は引き続き記事をお読み頂けたら幸いです。

 

退職代行を依頼するなら「弁護士」or「労働組合」

先ほども言ったように、退職代行会社の多くが弁護士法第72条にある「非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止」により違法性が指摘されています。
(会社や職場によっては実際に大きなトラブルになってしまうケースも…)

だからこそ、退職代行を依頼する場合は皆さんの安全面から「弁護士に頼む」「(法適合のある)労働組合によって運営された代行会社に頼むか」の二択です。

前者の「弁護士に頼む」という手は法的な安全性はあるものの、どうしても費用が高額になってしまうのがデメリットです。

ですので、お金に余裕がある場合や知り合いの弁護士が身近にいる場合などは、利用を検討するのもアリでしょう…!

注意
ちなみに、あくまで目安ですが一般的な弁護士への依頼となると5~10万円程度(それ以上の場合も)の費用がかかるケースが多いです。

トラブルなく安全に辞めたい…でも費用が高いのはちょっと厳しい…

という方には、「労働組合によって正式に運営されている代行会社」に依頼することをお勧めします。

というかむしろ、それ以外の代行会社だと「法的に安全かどうか?」においてグレーな可能性があるので注意しましょう。

ちなみに、この労働組合による代行会社というのは現在私の知る限り一つしかなく、退職代行ガーディアンという合同労働組合による会社しかありません。

ここは、労働者のために運営されている法適合の組織であるため、違法性がなく安心&確実に退職することができます。

加えて費用も他の代行サービスと比べても業界最安クラスの安さなので、低費用&確実な退職を”唯一”合法的に利用できるサービスとして今最も安全な代行会社と言えるでしょう。

今すぐ安全に仕事を辞めたい方は、ぜひ一度公式HPを見てみるといいでしょう。

相談にお金は全くかからないので、何か心配事がある方や本当に辞められるのか不安な方は、公式HPのLINEアカウントや電話等からまずは気軽に相談してみるのもいいかもしれませんね。

\安全&低価格&確実に辞めるなら/
退職代行ガーディアン公式HP

 

最後に

たった一度の人生。

ついつい忘れがちですが、今こうしている間にも私たちの人生は確実に終わりへと近づいています。

そんな中で、皆さんは本当に自分が歩みたかった人生を今、歩めているでしょうか?

今の仕事を続けた先に、あなたが心から望む幸せは見えているでしょうか?

その問いにハッキリYesと答えられるなら、今の仕事にも続ける意義があるのかもしれません。

でも、もしハッキリYesと答えられないのであれば、今の仕事にあなたが固執する必要もないでしょう。

結局、今の仕事に我慢し続けるのも、新しい人生の一歩を踏み出すのも全ては皆さん次第。

でもどうせなら、あなたの一度しかない限りあるその人生は、「心から幸せだと思える人生」であって欲しいし、「あなたが幸せに思える時間」で埋め尽くしていって欲しいと、本気で思っています。

なぜなら、それこそが私は人間らしい生き方だと思うし、きっとあなたらしい人生になると思うから。

私はこうして文章でしか皆さんを応援することができませんが、それでもこの記事が皆さんを苦しみから解放するキッカケになったり、人生を1歩踏み出すキッカケになれば、とても嬉しく思います。

どうか、この記事を読んで下さったあなたが素敵な人生を歩めますように。

 

あなたにとってこの記事が、
「2度と読む必要のない記事」
になることを願って。

 

\一歩踏み出したい方へ/
退職代行ガーディアン公式HP