自宅で再現!タリーズのロイヤルミルクティーの作り方!レシピも!

ミル子

タリーズのロイヤルミルクティーのレシピが気になる方、必見です!!

こんにちは!

最近、とあるカフェのミルクティーに絶賛どハマり中です…。

それは、ずばり…

 

タリーズの『ロイヤルミルクティー』!!

 

 

濃厚で癒される甘さ紅茶の華やかな風味が絶妙にマッチしていて、一度飲んだらまた飲みたくなる…そんなミルクティーです♪

それで、

 

「どうやったらタリーズのロイヤルミルクティーが再現できるんだろう?」

「自宅でもこんなミルクティーが飲めたら最高なのに!」

 

と、ロイヤルミルクティーの作り方(再現方法)が無性に知りたくなったワケですね。

 

それならば徹底的にレシピを追求してやろうじゃないか!ということで、実際に突き止めてみました♪

実際に作って頂ければ、その再現度の高さにあなたも大絶賛間違いなしです!!

ということで、早速張り切って参りましょう!

ミル子

レッツらゴー*\(^o^)/*

 

タリーズのミルクティーの美味しさの秘訣とは?

まずは、タリーズのロイヤルミルクティーにおいて、誰もが気になる美味しさの秘訣から探っていきましょう。

美味しさの秘訣①秘伝のシロップ

タリーズのロイヤルミルクティーには、とある「秘伝のシロップ」が使われています。

そのシロップこそが、タリーズのロイヤルミルクティー特有の甘さを作り出している大きなカギ!!

気になるパンダ

秘伝のシロップ、めっちゃ気になる…!!

もちろん、お任せを。

のちほど、材料紹介のところでバッチリご紹介していきますからね♪

どうぞ焦らず、お楽しみに!

 

美味しさの秘訣②なめらかでキメ細かいミルク!

仮に、ご本家タリーズと全く同じ材料・同じシロップ・同じ牛乳を使ってミルクティーを作ったとしましょう!

それなら同じクオリティのミルクティーが作れるだろう…!と思いきや、実はそんなに甘くないんですね…。

タリーズと同じクオリティの美味しいミルクティーを作るには、実はもう「ひと手間」かける必要があるのです!

ズバリそれが…

キメの細かいミルクを作ること!!

 

これは特にホットのロイヤルミルクティーに限った話にはなりますが、ホットの場合当然牛乳を温める必要がありますよね??

この時に、どうやってホットミルクを作るか?によって、味が天と地ほども差がつくのです。

そもそも皆さんは、なぜカフェのホットドリンクが美味しいのかご存知でしょうか??

ずばり、カフェでは「エスプレッソマシン」と呼ばれる機械を用いて、ホットドリンクを作成ないしミルクを温めているからです。

もっと深く専門的に言えば、エスプレッソマシンに付いているスチーム機能を使って「スチームミルク」と呼ばれるミルクを作っているから。
(ちょっとややこしくなってきましたが、これを覚える必要は一切ありませんのでご安心を!)

実際に、↓の写真を見て頂ければ、エスプレッソマシンがどんなものか分かりやすいかと思います。

カフェに行くと、十中八九こんな感じの大きい機器が置いてありますが、これがいわゆるエスプレッソマシンってやつですね。

ただ、ご自宅にこんな立派なエスプレッソマシンがある方はまずほぼいないと思いますので、今回はそんな方でも美味しくタリーズのロイヤルミルクティーを自宅で完全再現できちゃう方法をバッチリご紹介していきます!!

MEMO
今回はホットのロイヤルミルクティーのドリンクレシピをご紹介していきます。

自分はホットじゃなくて冷たいアイスのロイヤルミルクティーの作り方が知りたいんだ!という方は以下の記事をご参考下さい♪

【タリーズ】ロイヤルミルクティーのレシピや作り方〜アイス編〜

 

タリーズのロイヤルミルクティーに必要な材料

それではいよいよ、タリーズのロイヤルミルクティーを自宅で作るために必要な材料について解説していきたいと思います。

材料①紅茶の茶葉

まずは、ミルクティーなので材料としては「紅茶の茶葉」が必要となります!

茶葉と言っても、紅茶であればどんな茶葉でもいいのか?というと、そんなことはなく、ちゃんとミルクティーに合った茶葉を選ぶ必要があります。

ミルクティーに合った茶葉について詳しく知りたい方は、こちらの記事【ミルクティーに合うおすすめの茶葉は?メーカーやブランドもご紹介!】を参考にして頂ければ幸いです♪

手っ取り早く知りたい方のためにズバリ言ってしまうと、ミルクティーと相性の良い茶葉として個人的に最もオススメなのは、『アッサム』と呼ばれる茶葉です。

その理由は、アッサムの茶葉を使うことで、他の茶葉よりも濃厚でコクのあるミルクティーに仕上がるからです。

↓オススメはコレ↓

アッサムの中でも特にオススメなのは、紅茶トップメーカーであるトワイニング社が手がけた↑こちら↑のゴールデンアッサムと呼ばれる商品です。

ミルクティーとの相性が抜群で、ミルキーで香り高い極上のロイヤルミルクティーが作れますよ♪

私もいまだにこの茶葉を超えるものには出逢えていないので、ひとまず迷ったらコレを選べば間違いありません。

 

材料②牛乳

二つ目の材料は、「牛乳」です。

こちらもミルクティーには欠かせませんね!

ちなみにタリーズは森永乳業?の牛乳(北海道産)を使っているようですが、正直使用する牛乳はそこらへんのコンビニやスーパーで売っているようなもので問題ありません。

実際コンビニやスーパーで普通に売っている牛乳でも、タリーズのロイヤルミルクティーと変わらない味が再現できますので…。

先ほども言ったように、牛乳はむしろ「作り方・温め方」の方がかなり大事ですよ!!
(美味しいミルクの作り方・温め方はあとでしっかり伝授しますので、最後までお付き合い下さいね♪)

 

材料③練乳(コンデンスミルク)

さてさて、お待たせ致しました。

皆さんお待ちかねの、タリーズ秘伝のシロップのご紹介です♪

タリーズ秘伝のシロップ、ズバリそれは「練乳(コンデンスミルク)」です!!

驚くタヌキ

えぇ、練乳!?

と、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

そうです。あの苺とかにかけるあの練乳。

練乳以外に、砂糖やガムシロップなど余計な甘味料を入れる必要は一切ありません♪

ちなみに、コスパを求めるなら缶タイプの練乳(コンデンスミルク)を買われることをオススメします。

チューブ型よりも缶タイプの方が圧倒的にコスパが良いんですよね。

また、個人的ですが缶タイプの方が、とろみまろやかさが際立つような印象も受けます。
(まあ、チューブ型も私はよく使いますが…)

缶タイプの場合、一度開けたら保存する際は、フタ付きの密閉容器に入れて冷蔵保存しておけばOKです。

缶タイプはなかなかスーパーだと見られませんが、Amazonだと安く売られているので今すぐ作ってみたい方はぜひ。

(↓コスパ最強の練乳はこちら↓)

 

タリーズのロイヤルミルクティーの作り方手順

それでは、タリーズのロイヤルミルクティーを以下の手順に沿って実際に作っていきましょう。

ミル次郎

ここからはわたくしミル次郎がドリンクを作っていきまっせ!

準備するもの(1人分)

 

・ティーバッグ(アッサム):1個

 

・熱湯:100cc

 

・練乳(コンデンスミルク):30g

 

・温めた牛乳:120cc

 

①茶葉を熱湯で抽出

まずはマグカップにティーバッグを入れ、熱湯100ccを注いで1分間ほど待ちます!

紅茶の茶葉をしっかり蒸らすことで、旨味がお湯の中に染み出していくので焦らず待ちましょう♪

あまり蒸らし過ぎると、逆に紅茶に渋みといったものがお湯に出過ぎてしまうので、そこは要注意です。

②茶葉を取り出し、練乳を入れる

1分経ったら茶葉を取り出し、そこに練乳(コンデンスミルク)を30g入れて溶かしていきます。

甘いのがお好きな方はコンデンスミルクをもう少し多めに、甘さは控えめがいいという方は少なめに、お好みで調節してもOK!

練乳がしっかり溶けるまで、スプーンなどでよ〜くかき混ぜてあげてくださいね♪

手順③ホットミルクを注いで出来上がり!

最後に温めたミルクを注ぎます。

ミルクを注ぎきったら出来上がりです!

のちほどご紹介する“とある器具”によって作ったミルクを使えば、このミルクティーが一気に極上のロイヤルミルクティーへと生まれ変わります♪

それでは、その器具とは何なのか??

いよいよ伝授していきますね!

 

最高に美味しいミルクティーを作るためにはアレを使え!

さて、今回皆さんに最もオススメしたいと言っても過言ではない、“とある器具”のご紹介です。

今回の記事で、美味しいミルクティーを作るには美味しいホットミルクが必要!だと何度も繰り返しお伝えしてきましたが、それを可能にしてくれるのがコレ。

ミルクフォーマー(ミルクフローサー)

と呼ばれる器具です。

カフェでは、通常エスプレッソマシンと呼ばれるマシンでミルクを泡立てつつ温めています。

しかし、一般的なご家庭にはそんな立派なエスプレッソマシンはない場合が多いので、そんな時はこの『ミルクフォーマー』もしくは『ミルクフローサー』と呼ばれる器具を使います!
(商品によっては、『ミルククリーマー』『ミルクスチーマー』といった様々な呼ばれ方があります)

上質で高級なミルクフローサーほどキメの細かい上質なミルクを作れる傾向にありますが、まさに値段はピンからキリまで非常に様々!

とりあえず安いものでもいいから本格的なカフェドリンクを作ってみたい方には、↓『HARIO(クリーマーキュート)』↓がオススメです。

 

多少値段は張りますが、カフェ並みに上質で美味しいミルクが作れる電動のミルクフォーマーなら↓『UCC上島珈琲のミルクカップフォーマー』↓がオススメです♪

 

その他、カフェと同じ「スチーム機能」を使ってミルクを温め&泡立てる本格器具や、手動でミルクを泡立てることができるリーズナブルなミルクフォーマーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめてありますので参考までにご覧頂ければ幸いです♪

カフェの様な泡立ちミルクが作れるおすすめミルクフォーマーはコレ!

 

最後に

いかがだったでしょうか?

材料自体は意外とすぐに手に入るものばかりですし、器具さえ揃えてしまえば一生おウチでタリーズのロイヤルミルクティーが飲めるので、タリーズのロイヤルミルクティーファンの方はぜひドリンク作りにチャレンジしてみてくださいね♪

また、ミルクフォーマーが1台あれば、ミルクティーだけでなくカフェラテやカフェモカ、抹茶ラテやココアなど、あらゆるカフェのドリンクが自宅で作れるようになるのでめっちゃ最高ですよ!

毎日好きなときに、好きなカフェのドリンクが飲めるなんて幸せですよね!

 

自分の家がカフェになる。

 

ぜひこれを機に、そんな夢を叶えてみてはいかがでしょうか?

みなさんが幸せで優雅なカフェライフを楽しめることを願って…。

それではまた!

ミル子

ぐっばいばーい*\(^o^)/*

 

この記事を読んだ方はこんな記事もオススメ!

ミル次郎

↓ホットじゃなくてアイスのミルクティーレシピだよっ!
【タリーズ】ロイヤルミルクティーのレシピや作り方〜アイス編〜

 

ミル子

↓タリーズのミルクティーのカスタマイズ記事もオススメ!
タリーズのおすすめカスタマイズ〜ロイヤルミルクティー編〜

4 Comments

神宮司 秀樹

ミル子さん、素敵な記事をありがとうございます。

 先日立ち寄ったタリーズでワッフルショコラベリーセットを注文したとき、ドリンクを何にするか迷ったのですが、コーヒーの気分ではなかったのでロイヤルミルクティーをお願いしました。
 完成したものを受け取って席に着き、一口飲んでびっくり!ロイヤルミルクティーってこんなに美味しい飲み物だったっけ!?と感動すら覚えました。絶妙な甘さ、やさしいミルク、紅茶の香りにうっとりとしてしまいました。それ以来、ロイヤルミルクティーにハマっています。
 もちろんお店で飲むのが一番美味しいとは思いますが、できれば家で再現したいと思っていたら、ミル子さんのこちらの記事にたどり着きました。
 ダイソーの「カプチーノミキサー」があったので、まずはこれでミル子さんのレシピに挑戦してみたいと思います。

ミル子

こんにちは(^^)
タリーズのロイヤルミルクティー、とても美味しいですよね♪
私も大好きでよく飲むのですが、同様に好きな方がいて私も大変嬉しいです。
ダイソーの「カプチーノミキサー」ですね!とっても値段がリーズナブルなのでかなり便利ですよね!
ダイソーのミキサーでホットミルクを温めると泡がかなり大きめになるので、ある程度泡立てたらスプーンなどで一度よくかき回してブクブクになった泡を消していくようなイメージでしっかりかき混ぜると、キメが細かく、よりタリーズのドリンクに近いクオリティに仕上がりますよ♪
ぜひやってみて下さい(^^)
タリーズはもちろん、これからはスタバのドリンクなどの再現レシピもたっぷりご紹介していく予定ですのでぜひぜひ楽しみにして下さいね!

ナミ

スタバのカスタマイズを調べていたらこちらのサイトに行き着きました。ミルクティー大好きでインスタ等で発信しています。記事のクオリティ、ドリンクに関する幅広い記事、本当にすごいなと思いました。タリーズのロイヤルミルクティーをお家で再現できるなんて!このレシピで作ってみようと思います。

ミル子

こんにちは、ミル子です(^^)
コメント下さりありがとうございます。
同じくミルクティーが好きな方に出逢えて私もとっても嬉しいです!
こうして記事を通して同じ趣向の方と知識や喜びを共有できただけでも記事を書いた甲斐があったと思っています♪
こう見えて実はカフェでドリンクをほぼ毎日飲んで、実際に自宅で毎日ドリンクを作っては日々試行錯誤しています…(^_^;)
まだまだ未熟な面もたくさんありますが…。
少しでもお店の味に近づけるように、そして少しでも多くの方にカフェの美味しいドリンクをおウチでも楽しめるように、これからも頑張ります!
どうかステキなカフェタイムをお過ごし下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です