店員直伝!タリーズ『ロイヤルミルクティー』の再現レシピと作り方

ミル次郎

タリーズのミルクティーファンは必見です!!

こんにちは!

ドリンク再現マンのミル次郎です!!

みなさん、ミルクティーは好きですか!?

まあ、このページに来て下さっているということは、あなたもそれなりのミルクティー愛好家なのでしょう…。

ではでは、そんなミルクティー好きのみなさん。

タリーズのロイヤルミルクティーは飲んだことあるでしょうか??

一度飲んだことがある方なら分かると思いますが……めっちゃウマいんですよコレが。

見下しニャンコ

タリーズ?コーヒー屋なのにミルクティーなんか飲むの??

などと、決してあなどるなかれ。

予想以上のクオリティにビックリするはずです。

ということでズバリ今回のテーマはこちら…

 

タリーズ『ロイヤルミルクティー』の
完全再現レシピと作り方

 

といっても、今回はいわば「総集編」にあたります。

以前ご紹介した、店員さんよりヒントをもらって再現したタリーズのロイヤルミルクティーの作り方をアイス編・ホット編とひとつにまとめた記事となります♪

それぞれの詳しいレシピや作り方が気になる方は、リンクも貼っておきますので各記事にジャンプして見てみてくださいね!

それでは張り切って参りましょう♪

ミル次郎

レッツらゴー*\(^o^)/*

 

タリーズの『ロイヤルミルクティー』に必要な材料

さてさて、まずは材料を揃えるところから参りましょう!

といっても、主な材料は以下の3点。

とっても簡単に手に入るものばかりです♪

 

 

・紅茶の茶葉

・牛乳

・練乳(コンデンスミルク)

 

 

一応タリーズの味を完全再現したい!という方のために、一つずつ詳しく見ていきましょう!

材料①紅茶の茶葉

ミルクティーの味を左右する最も大きな要素と言えば、この「紅茶の茶葉」が挙げられます。

紅茶の茶葉と言ったら、ダージリン・ウバ・アッサム・アールグレイ・ディンブラなどなど非常に多彩な種類があります。

そして、この使用する茶葉によっては、仮に同じレシピでミルクティーを作ったとしても、味が全くもって異なってきてしまうんです…。

茶葉によっては、ミルクティーと非常に相性の良いものもありますし、逆にミルクティーの美味しさを損なってしまうような相性の悪い茶葉も存在しています。

個人的にミルクティーと非常に相性が良い茶葉で、なおかつタリーズの味を再現できる茶葉と言えば、「アッサム」と呼ばれる茶葉がオススメです♪

中でも、トワイニングのゴールデンアッサムはかなり本格的な味わいのミルクティーに仕上がるので、ミルクティー好きならぜひとも一度は試して頂きたいシロモノですね…。

 

もっと詳しくミルクティーと相性の良い茶葉について知りたい方は、以下の記事を参考までにご覧頂ければと幸いです!

人生で一度は飲んでみたい、最高に贅沢な紅茶の茶葉を記事の中で余すことなくご紹介していますよ♪

ミルクティーに合うおすすめの茶葉は?メーカーやブランドもご紹介!

材料②牛乳

続いて必要な材料の二つ目は、ミルクティーには決して欠かせない「牛乳」です。

牛乳は先ほどとは違って、特にこだわる必要もありません。

コンビニやスーパーなどに売られている通常の牛乳であれば、全く問題ナシ。

市販の牛乳でも問題なく美味しいミルクティーが再現できますので、ご安心を!

材料③練乳(コンデンスミルク)

そして、タリーズの味を再現するキーポイントとなるものがコチラ…「練乳(コンデンスミルク)」です。

よく紅茶には砂糖を入れる方が多くいらっしゃいますが、通常市販の砂糖やグラニュー糖をいくら使ったところでタリーズの味は再現できません。

なぜなら、タリーズのロイヤルミルクティーには砂糖が使われていないからです!

代わりに使われているシロップがこのコンデンスミルクなんですね…。

ぜひ手元に練乳を一つ用意してミルクティーを作ってみてください。

自宅でもあの味が飲めるようになってしまいますよ♪

 

タリーズ『ロイヤルミルクティー』の作り方〜ホット編

それでは、いよいよロイヤルミルクティーのレシピ紹介と参りましょう。

まずは、身も心も温まるホットのロイヤルミルクティーのレシピからご紹介です!

ここでは簡単にレシピをご紹介していきますので、詳しいレシピや詳細が知りたい方は以下の記事を参照下さいね♪

自宅で再現!タリーズのロイヤルミルクティーの作り方!レシピも!

手順①茶葉を熱湯で抽出

始めに、用意した紅茶の茶葉を熱湯で抽出していきます。

ティーバッグであれば、茶葉ひとつに対して熱湯100ccで抽出します。

約1分間抽出したら茶葉を取り出してひとまず紅茶は出来上がりです。

手順②練乳を紅茶に溶かす

続いて①で出来た紅茶に練乳30gを溶かしていきます。

練乳を入れたらスプーンなどを使ってしっかりかき混ぜて溶かしましょう。

手順③ホットミルクを用意して注いで出来上がり!

最後に、温めたミルクを120ccほど用意し、練乳を溶かした紅茶に注いだら出来上がり。

手順自体はそこまで難しくありません。

特に面倒な手間もいらず、作ろうと思えばすぐに作れるので自宅で手軽に飲みたい方にもオススメです♪

ちなみによりタリーズの味に近いホットのロイヤルミルクティーを作るには、後ほどご紹介しますが、ずばり「ミルクの温め方」がポイント!

単にレンジで牛乳を温めるだけではなく、“ある器具”を用いることでまるでカフェで飲めるような美味しいホットビバレッジを作ることができちゃいます♪

美味しいホットミルクの作り方に関してはコチラで詳しくご紹介していますので気になる方は要チェックです!

 

タリーズ『ロイヤルミルクティー』の作り方〜アイス編

それでは続いて、アイスのロイヤルミルクティーの作り方をご紹介していきましょう!

手順①茶葉を熱湯で抽出

まずは、ホット同様に茶葉を熱湯で抽出していきます!

ティーバッグを使う場合、茶葉ひとつに対して熱湯150ccで紅茶を抽出していきましょう。

時間は1~2分間程度熱湯に浸しておけば準備はオーケーです。

手順②練乳を紅茶に溶かす

①で作った紅茶に練乳(コンデンスミルク)を溶かしていきます。

量は30g程度。

甘さ控えめが好みの方は、10~20g程度を目安に入れてみてください♪

手順③冷たいミルクを注ぐ出来上がり

次に、冷たい牛乳を100cc程度注いでいきます。

手順④氷を入れて出来上がり!

最後に、氷を入れたらタリーズ風アイスロイヤルミルクティーの出来上がりです♪

本物のうりふたつの味わいをぜひお楽しみあれ!!

 

タリーズと同じ味にならない…そんな時はコレが原因!

さてさて、ここまでホット・アイス共にレシピをご紹介してきました!!

ただ、実際に作ってみれば人によっては、

ミル次郎

あれ…なんか味違うかも??

と思う方もいらっしゃるかもしれませんね!

ここでは、タリーズと同じミルクティーにならなかった時のために、考えられる原因をいくつかご紹介していきたいと思います。

ぜひ、美味しいミルクティー作りの参考までにして頂ければ幸いです♪

原因①茶葉はミルクティーに合ったものを使っているか?

まず考えられる原因は、「使用する茶葉」です。

先ほども説明したように、茶葉には大きく分けて2種類、ミルクティーに合う茶葉ミルクティーに合わない茶葉があると言われています。
(ただし、人によって好みが異なってくることもアリ!)

ミルクティーに合う茶葉として代表的なものと言ったら、「アッサム」「ウバ」「ルフナ」あたりが有名です。

また、最近ひそかなブームとして“フレーバーティー”なるものをミルクティーの茶葉用に使う方も増えています!

フレーバーティーというのは、イチゴやリンゴといった果物などの様々な香料によって紅茶の茶葉そのものに風味付けを施したティーのこと。

例えば、イチゴの風味付けをされたフレーバーティーを使ってミルクティーを作ると、ほのかに苺を感じる「いちごミルクティー」を飲んでいるかのような味わいの紅茶が楽しめたりします♪

毎日色んな風味のロイヤルミルクティーを楽しむというのも、優雅で最高の1日を過ごすのにピッタリではないでしょうか?

フルーティーな風味が香るミルクティーも、とってもオススメなので気になる方はぜひフレーバーティーも試してみてくださいね!

フレーバーティーを試してみたい方は、ストロベリー・ピーチ・アップル・マスカットと4種類の別々のフレーバーが入った↓のティーバッグはオススメです♪

 

原因②「牛乳」ではなく「乳飲料」を使っていないか?

お店の味に近いミルクティーが作れない原因として、意外と多いのが「ちゃんと牛乳を使っているかどうか?」です。

よく、牛乳を買ってくるつもりが間違えて“乳飲料”や“加工乳”を買ってしまったという方が多くいます。

私も、

ミル子

この牛乳めっちゃ値段安い…ラッキー!

と買ったは良いものの、いざ家に帰って飲んでみたら牛乳と違う味がしてガッカリしたことがあります。

この“乳飲料”や“加工乳”と呼ばれるものは、非常に紛らわしいことにパッケージが牛乳にソックリなんですね…。

例えば、↓の写真を見てください。

(出典:いばらく乳業HP-http://www.ibaraku.co.jp/lineup/milk_beverage/)

いかにも見た目は牛乳っぽい!!

ですが、こちら厳密には「乳飲料」に該当し、いわゆる「牛乳100%」ではないんですね。

こういった乳飲料だと、なかなかタリーズの味を再現するのは難しかったりします…。

乳飲料と呼ばれるものは大抵牛乳よりも値段が安かったりするので、値段と見た目だけで買わないようご注意を!

「牛乳」と「乳飲料・加工乳」の見分け方としては、パッケージに【種類別】という欄があるので、牛乳の場合はしっかり「牛乳」と表記されていますし、乳飲料などの場合は「乳飲料」や「加工乳」といった表記がなされています。

今度、スーパーなどに立ち寄った際はぜひ見てみて下さいね

 

原因③どうやって牛乳を温めているか?(美味しいホットミルクの作り方)

最後に、最も大きな原因と言ってもいいものが「ミルクの温め方(ホットミルクの作り方)」です。

通常、ご家庭で牛乳を温める場合、レンジでチンして温める小鍋(ミルクパン)でグツグツ温めるといった方法で温める方が多いかと思います。

ただ、私たちが普段カフェで飲んでいるカフェラテやミルクティーなどのドリンク…これらが美味しい理由はまさに“スチームミルク”と呼ばれる牛乳を使っているからに他なりません。

スチームミルクとは、スチームつまり蒸気(英語でsteam)で温めているミルクのことをそう呼びます。

蒸気によって牛乳を温めることで、牛乳に程よく空気を含ませながらふわふわでキメの細かい上質な泡立ちミルクが作れるのです。

すると、まさにカフェならではの美味しいドリンクが出来上がるというワケですね。

ただ、自宅に蒸気でミルクを温める本格的なマシンを持っている方は少ないでしょう。

そこで今では、家でもカフェのような上質な泡立ちミルクが作れるお手軽器具が色々と登場しています。

この器具については、↓以下の記事↓でご紹介していますので、ぜひご覧になってみて下さい♪

自宅でも簡単に本格的な泡立ちミルクが作れるようになっちゃいますよ^^

カフェの様な泡立ちミルクが作れるおすすめミルクフォーマーはコレ!

 

最後に

タリーズのロイヤルミルクティーの作り方はいかがだったでしょうか??

以上でご紹介した通りに作って頂ければ、おウチでもきっと美味しいロイヤルミルクティーが楽しめるようになるはずです♪

このサイトでは、ミルクティー意外にもその他様々なカフェドリンク再現レシピをご紹介していますので、ぜひ色んなドリンクを自宅で楽しんでみてください!!

そして、これからも沢山のドリンクを作っていきますので、乞うご期待を!

それではまたお会いしましょう。

ミル次郎

ぐっばいばーい*\(^o^)/*

 

この記事を読んだ方はこんな記事もオススメ!

ミル次郎

↓の記事でタリーズのストロベリーロイヤルミルクティーも作ってみたよ!
タリーズ『ストロベリーロイヤルミルクティー』の自宅再現レシピと作り方