店員直伝!スタバ『ムースフォームラテ』の自宅再現レシピと作り方

ミル次郎

ムースフォームラテの作り方を徹底解説♪

みなさん、こんにちは。

ドリンク再現マンのミル次郎です*\(^o^)/*

今回もスタバのドリンクをおウチで作っていきましょう!

今回のテーマはずばりコレ…

スタバ
『ムースフォームラテ』
の自宅再現レシピ&作り方

 

みなさんは、スタバのムースフォームラテというドリンクを知っていますか??

知っている人も知らない人も、今回このドリンクをおウチで作るための完全再現レシピについて、私ミル次郎がスタバの現役店員兼バリスタさんに実際に聞いてきましたので、ぜひともシェアしていきたいと思います!!

ということで、どうぞ最後までお付き合い下さいね!

それでは張り切って参りましょう。

ミル次郎

レッツらゴー*\(^o^)/*

 

『ムースフォームラテ』とは?

まず始めに、スタバの『ムースフォームラテ』が一体どんなドリンクなのか簡単に説明しておきたいと思います。

公式サイトによると、

ノンファットミルクでつくった、ふんわりきめ細やかで弾力もある質感のムース フォームをやさしく注いだ、ダブルショットのラテです。
ムース フォームは、ノンファットミルクで作られているとは思えないほど重厚感のある口当たりで、ふんわりとした質感とミルクの甘味をお楽しみいただけます。

-スタバ公式サイト(https://www.starbucks.co.jp)より

という商品説明がなされています。

つまり、一言でまとめると、ムースのようなふんわりとした質感のミルクフォームで仕上げた特別なカフェラテといったところ。

実際に飲んでみれば分かりますが、とにかく弾力のあるフォームミルクの口当たりと、濃厚なエスプレッソの組み合わせが絶妙で特徴的なビバレッジとなっています♪

あの独特な飲み心地がクセになる、ファンの方も非常に多いドリンクです!!

 

ムースフォームラテに必要な材料

それでは、ムースフォームラテを作る上で必要な材料についてご紹介していきます。

①牛乳

まず一つ目は、ドリンク作りには欠かせない材料、「牛乳」です。

こちらはコンビニやスーパーで売られている通常のミルクで構いませんので、分量としては150cc程度の牛乳を用意しておきましょう。

 

②無脂肪乳(ノンファットミルク)

先ほどの牛乳と合わせて用意して欲しい二つ目の材料が、「無脂肪乳(ノンファットミルク)」です。

無脂肪乳というのは加工乳の一つで、簡単に言ってしまえば、いわば脂肪分の少ないミルクのこと。

なぜ普通の牛乳の他に無脂肪乳も使うか?と言うと、どうやらスタバの店員さんの話によれば、

スタバさん

ムースフォームラテの“ムース部分”にはノンファットを使っています♪

とのこと。

どうやら通常のミルクだと、あそこまでふんわりとした飲み心地のフォームミルクが作れないのだとか…。

したがって、特にムース独特のあの飲み心地にこだわりのない方は通常のミルクだけでも構いませんが、ムースフォームラテのあのふんわり感を再現したい!という方は、無脂肪乳(ノンファットミルク)も用意しておくのが吉と言えそうです!

 

③コーヒー

続いて、三つ目の材料は言わずもがな「コーヒー」が必要です。

スタバのムースフォームラテにはエスプレッソが使われていますので、味を完璧に近づけたい方は↓エスプレッソマシン↓で抽出したコーヒー(=エスプレッソ)で作るのがベスト!

 

とはいえ、いきなりエスプレッソマシンを買う余裕がない方も多いかと思います。

そんな方は、通常のドリップで淹れたコーヒーやインスタントコーヒーでも十分再現は可能です!

ただし、後ほどムースフォームラテを美味しく作るポイントのところでも説明いたしますが、コーヒーを淹れる際は、濃いめかつ苦めに淹れるのが最大のポイント。

インスタントコーヒーなら出来るだけコクが深く、濃いめの味わいが特徴のものを選びましょう!

具体的には、コーヒーで有名なAGFから発売されている↓の『ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド』が個人的にオススメです♪

 

スティックタイプになっているので、必要に応じて使える上に鮮度も長持ちします。

何よりインスタントコーヒーとは思えないほど、めっちゃ美味しいです♪

コーヒー豆なら、「深煎り」と書かれたものがオススメ!

中でも特にドイコーヒーのコーヒー豆や↓加藤珈琲店↓のコーヒー豆はコーヒー好きに絶賛されているコーヒーとして有名ですね。

 

ムースフォームラテを美味しく作るポイント

ここでは、ムースフォームラテを極限まで美味しく作るための重要な二つのポイントについて解説していきます。

自宅でも本格的で美味しいムースフォームラテが作れるように、ぜひとも頭の中に入れておきましょう!

コーヒーは濃いめ&苦めに!

まず一つ目のポイントは、先ほども触れましたが、濃いめで苦めのコーヒーを使うことです。

ムースフォームラテを始めとして、スターバックスのラテやカフェモカなどのエスプレッソ系ビバレッジには、その名通り「エスプレッソ」と呼ばれる深煎りで苦味の強いコーヒーが用いられています。

しかも、ムースフォームラテにはそのエスプレッソが“ダブルショット”(通常のエスプレッソ2杯分)も入っているのです。

ちなみに、スタバのカフェラテ(スターバックスラテ)のトールサイズにはエスプレッソがシングルショット(シングルのショットが1杯のみ)しか入っていないため、トールサイズのラテの2倍の量のエスプレッソがムースフォームラテに使われている計算になります!

とにかく、ムースフォームラテではコーヒー感を強くすることが大事だということを覚えておけばOKです!

 

ミルクフォーマーは必須!

続いて、ムースフォームラテで最も大切なポイントと言ってもいいもの、それが「泡立ち感」です。

普通、自宅でどんなにドリンクを作っても、ムースフォームラテのようにフワフワでモコモコした泡立ちミルクは作れません。

しかし、それを可能にしてしまうのが、いわゆる『ミルクフォーマー』という器具。

ミルクフォーマーは、ミルクフローサーやミルククリーマーと呼ばれることもありますが、基本的にはどれも似たような意味です。

要は、ミルクを泡立てるための器具だということを覚えておいて下さい♪

ちなみに、この前スタバで仲の良い店員さんに聞いたところ、

スタバの店員さん

私もミルクフォーマー使ってムースフォームラテ作ってますよ♪

とのこと。

その他ムースフォームラテ以外にも、カフェラテやカプチーノ、ティーラテなど色んなドリンクを家で作る時に大活躍してくれるので、一つ持っておいて絶対に損はない神グッズですね♪

 

 

ミルクフォーマーには、メーカーによって色んな種類がありますが、アイスもホットも両方作れるという点でオススメなのは上記のスタバのミルクフォーマー以外にはHARIO(ハリオ)のミルククリーマーという商品もオススメです。

価格も非常に安く、それでいてクオリティはトップクラスに高いので、コスパ的に現状最強のミルクフォーマーと言っても過言ではありません。
(実際に私も家で重宝しています…)

↓気になる方はぜひ一度チェックしてみて下さい♪↓

 

ムースフォームラテのレシピ&作り方〜ホット編

それではいよいよ皆さんお待ちかね、スタバ『ムースフォームラテ』のレシピ紹介と参りましょう。

まずはホットの作り方からです!

手順に沿って、実際にあなたもドリンク作りにチャレンジしてみてください♪

①コーヒーを用意する

まずはエスプレッソの代わりとなる苦めで濃いコーヒーを50~80cc程度用意します。

インスタントコーヒーの場合は、4~6gのコーヒーを熱湯50ccで溶かしておくとベストです。

ドリップ抽出の場合は、↓の記事を参考に、50cc程度の熱湯でいつもよりゆっくりめにコーヒーを抽出してみて下さい。

ハンドドリップでエスプレッソ並みに濃いコーヒーを淹れる方法

抽出量としては少なめですが、コーヒー豆はケチらずに20g +α程度の分量を使って抽出していきましょう!

お砂糖やフレーバーシロップを入れて甘くしたい方は、ここで砂糖やシロップを入れていきます。

ムースフォームラテにオススメのフレーバーシロップについては後ほど詳しくご紹介していきます!
(早く知りたい方はコチラをクリック!)

 

②ミルクを温める

次に、通常のミルクを温めていきます。

先ほどご紹介したようなミルクフォーマーを使ってムースフォームラテを作る場合、牛乳100ccをレンジなどで40秒~1分程度温めてほんの2~3秒フォーマーで泡立てます。
(ここはムースフォームの部分ではないので、泡立て過ぎないように注意!!)

泡立てたら、フォームミルク(泡のミルク)の部分をかき消すようにスプーンなどでしっかりかき混ぜて泡を消していきます。

 

③温めたミルクをコーヒーに注ぐ

泡が消えてキメの細かいミルクができたら、①で作ったコーヒーに注いでいきます。

 

④ノンファットミルクを泡立てる

次に、無脂肪乳(ノンファットミルク)をミルクフォーマーでしっかりと泡立てていきます。

今度は、ムースフォームの部分となりますので、泡立て過ぎるぐらい泡立ててOKです!

なお、無脂肪乳は温めても温めなくてもどちらでも構いません。
(お好みでOK!)

ちなみにスタバのムースフォームラテの場合、(飲んだことのある方ならご存知かもしれませんが)ノンファットミルクは温めていません!!

泡(ムース)まで温かいドリンクが飲みたいなら無脂肪乳も温める…、出来るだけスタバに近づけたい!という方は冷蔵の温度のままで泡立てましょう♪

 

⑤フォーム(泡)の部分を盛り付けて出来上がり!

最後に、④で出来た泡の部分をたっぷり盛り付けたら、スタバ風ムースフォームラテの出来上がりです♪

ふわふわフォームの飲み心地を心ゆくまで堪能しちゃいましょう!!

 

ムースフォームラテをもっと美味しくするカスタム

ここでは、ムースフォームラテをより一層美味しくしてしまうオリジナルアレンジカスタマイズについてご紹介していきます。

ムースフォームラテを美味しくアレンジするカスタムとして最もオススメなのは、ずばり「フレーバーシロップ」の追加です♪

フレーバーシロップというのは、キャラメルバニラヘーゼルナッツなど様々な種類のフレーバーがあり、これらのシロップをコーヒーやカフェラテに加えることで、手軽に「キャラメルラテ」や「バニララテ」などのアレンジドリンクが楽しめてしまうシロップのこと!

実際に、スタバやタリーズをはじめとしたカフェのドリンクでも使われているシロップなので、このシロップさえあればいつでもおウチでカフェのドリンクが楽しめてしまうんです!

どんな種類のフレーバーシロップがあるのか、具体的にオススメのフレーバーシロップが知りたい方は↓の記事を参考までにどうぞ!

ドリンクが激ウマ大変身!モナンシロップのおすすめ&人気種類まとめ

 

最後に

スタバのムースフォームラテの作り方に関する記事はいかがだったでしょうか?

スタバでムースフォームをよく注文される方は、ぜひこれを機にドリンク作りにチャレンジしてみることをオススメします!

スタバのオシャレなドリンクがおウチで作れるようになると、毎日がとっても楽しくなりますよ♪

 

おウチがカフェになる

 

なんて、考えただけでもワクワクしますよね!

ぜひともあなたがその夢を実現して、毎日をハッピーに過ごせるよう当ブログは応援しています♪

これからもあなたが知りたくなるような色んなドリンクのレシピや情報をお届けしていきますので、どうぞお楽しみに!

それではまたお会いしましょう。

ミル次郎

ぐっばいばーい*\(^o^)/*