スタバ福袋2019!中身や入手方法・オンライン抽選当選のコツも!

ミル子

ついにスタバの2019年福袋情報が公開されたよーっ!

みなさん、こんにちは!

気づけば今年の終わりも近づき、時間の早さに驚きを隠せないミル子です*\(^o^)/*

さて、今回みなさんにご紹介したい内容はこちら…!!

 

2019年版・スタバの福袋情報!!

 

「今回の福袋は一体どんな中身なの!?」

「今年はどうやって福袋を手に入れたらいいんだろう??」

「福袋をゲットするコツが知りたい!!」

などなど…。

スタバ好きの方ならとっても気になりますよね??

皆さんのお役に立てるようなとっておきの情報もご紹介していきますので、どうぞ最後までお付き合いくださいね!

それでは張り切って参りましょう♪

ミル子

レッツらゴー*\(^o^)/*

 

スタバの福袋の中身は?

さてさて、まずは気になる「中身」のご紹介から!

今現在スタバ公式サイトから分かっている情報だと、「スタバオリジナルデザインのトートバッグ(レジャーシート素材)に、「スタバのコーヒーやドリンクと引き換えできるドリンクチケット付きポストカード」「お出かけのお供にピッタリの限定アイテム」などが詰まった福袋とのこと!

個人的に、お出かけのお供にピッタリの限定アイテムが何なのかがすごく気になります…。

個人的な予想だと、ボトルやタンブラー、マグカップorグラスあたりではないかと予想しています!

ちなみに、前回の2018年福袋の中身や本格的な中身の予想が気になる方は↓の記事をご覧ください!

2018年以前のスタバ福袋から来年(2019)の中身を予想してみた。

福袋購入の決め手の参考になるかと思います♪

 

スタバ2019福袋の値段は?

続いて福袋の値段ですが、これは前年同様に、販売価格6,000円(税込)とのこと。

ただ、中身にもよりますが、実質6,000円以上の価値がある商品構成となるのはほぼ間違いないかと思います!

噂によると、中身の商品の値段を合計すると1万円近くにもなるみたいですよ!

 

福袋の入手方法は?

さて、大事なのが福袋の入手方法です!

今回の福袋では、オンライン抽選に応募し、それに当選した人だけが購入できるとのこと。

スタバの福袋は毎年絶大な人気を呼び、1人でいくつも購入してしまう人が多いため、それに制限をかける形で前回からオンライン抽選による販売が主流となりました。

誰かのせいで、本当に商品が欲しい方が買えなくなってしまうのは非常につらいことですから、これはどうしようもありませんね。

商品が欲しい方はぜひとも応募を忘れずに!

 

オンライン抽選の応募方法は?

そこで、オンライン抽選の応募方法についてですが、まず

エントリー受付期間は11/26(月)10:00〜12/6(木)23:59

までとなっています!!

そして、エントリーの流れは以下の通りです。

①公式サイトでオンライン抽選エントリー!

まずは、エントリーが受付開始となったら、スタバの公式ホームページ(http://www.starbucks.co.jp/)にアクセスして、福袋の応募へと進みましょう!

応募にはスタバのウェブ会員サービス「MyStarbucks」への事前登録が必要とのこと!

この際、福袋が当選した時の希望引き換え店舗が3店舗まで登録できるそうです。

②当選者には『当選e-ticket』を発行!

見事抽選に当選すると、12/13(木)に『当選e-ticket』と呼ばれる福袋と引き換えができるチケットが発行されます。

チケットは、「当選のご案内」というメールの配信や、MyStarbucksのマイページにて表示ができるようです。

詳しくはスタバ公式サイトの当選発表をご覧くださいとのこと。

③対象店舗にて福袋販売日にチケットと福袋を引き換え!

福袋に当選した方は、各店舗の福袋販売日にチケットと福袋を交換することができます。

当選した方は忘れずに交換するようにしましょう!

なお、福袋取り扱い店舗および各店舗の福袋販売日は、エントリー開始(11月26日)以降、エントリー受付ページにて確認できるみたいですね。

 

オンライン抽選に当選するコツは?

さてさて、スタバ好きなら何としてでも手に入れたい福袋。

どうにかオンライン抽選に当選するコツのようなものはないのでしょうか?

あくまで推測ですが、“気休め”程度の方法から確実に入手確率を上げる方法まで、私たちができることをご紹介していきます。

①とにかく応募数を増やす

まずは手っ取り早くかつ確実な方法がこちらです。

当選確率を上げるには、単純に「応募数」を増やすのが一番の近道ではあります。

応募するには、スタバのWeb会員サービスであるMyStarbucksへの登録が必要ですから、ここに登録してくれる協力者を募ればいいわけです。

家族なり、恋人なり、友人なり、「スタバの福袋がどうしても欲しくて…」とその旨を正直に伝え、MyStarbucksに登録してもらいましょう。

当然ですが、仮に自分と自分の母親の2人が応募すれば、当選する確率は2倍に。

自分、母親、父親なら当選確率は3倍になるわけです。

MyStarbucksへの登録もお金はかからない上に、そこまで大変な作業でもありませんから、できるだけ協力してくれる人を集めるのも立派な作戦です!

少しでもゲットできる確率を上げられるに越したことはありませんからね!

②店舗の登録にも要注意?

続いては気休め程度ですが、もしかしたら当選に多少は響くかも…?という程度の方法です。

それが、エントリーする際の「福袋引き換え店舗の登録」です。

福袋の抽選でエントリーする際に、もしも当選した時に福袋をチケットと交換できるお店が自分の住む地域に合わせて3店舗まで登録できることになっています。

この「店舗の登録」こそが実は多少なり抽選に影響しているんじゃないか?と私は考えています。
(あくまで推測です)

例えば、全国にたくさんスタバがある中で、スタバ側もどこかの地域もしくはどこかの店舗に、あまりにも膨大な数の福袋の販売を偏らせるとは考えにくいんですよね…。

私も、こういった福袋を扱う全国チェーン展開している某有名店で働いていた経験があるので、その経験を基にお伝えします。

仮に、どこかの県にスタバA店・スタバB店・スタバC店の3つのスタバがあったとして、A店だけ(A店付近に住む人たちだけ)に当選させたとすると、実際に福袋を交換する際に、A店だけが福袋販売日に膨大な数のお客さんが来て、営業上とてつもなく負荷がかかります。

これは、スタバの店舗側も普通の営業に加えて、なおかつ福袋の販売もあるため、極めて避けたいケースのはず。

だからこそ、A店・B店・C店と仮に3つ店舗があれば、できるだけ当選者が分かれるように当選も分散させたい意向が暗にあるのではないか?と思うわけです。

それに加えて、スタバのファンは偏りなく全国にいる一方で、福袋の当選はどこかの県や地域だけに偏らせるというのはスタバさん側もあまり良しとしないでしょう。

ですから、できるだけ福袋の当選はしっかり各店舗・各地域・各都道府県に分散するように、配慮するのではないかと考えています。

ということで、何が言いたいのかと言うと、気休め程度でも当選する確率を上げたい方は、普段出来るだけ来客数が少ないスタバの店舗を「福袋引き換え店舗」として登録しておくこと。

これに尽きます。

来客数が少ないということは、おそらく周辺に住む人も比較的少なめ=(その地域周辺における)抽選のライバルも少なめという傾向になるでしょう。

スタバさん本社の目線で見れば、「この店舗周辺の応募者は比較的少ないから、じゃあもっと当選者を増やそうか」となるわけですね。

ただし、何度も言いますが、これはあくまで推測でしかないので悪しからず(笑)

なんだかんだ言いつつ、めちゃくちゃ当選者が偏ってしまうことパターンだって考えられなくもないです…。

再三言いますが、気休め程度ということで。

ただ、やっぱり私だったら普段から来客数の多い店舗は、その店舗を引き換え店として登録するライバルも多くなるので極力そういった人気店は避けます。

どうぞ参考程度にして頂ければ幸いです^^

 

最後に

スタバの2019年・福袋情報はいかがだったでしょうか?

この記事がきっかけで本当にスタバが好きな方が笑顔になれたらいいなぁと思って記事を書かせて頂きました。

これからもスタバなどのカフェを始めとして、あらゆるタメになる情報をたっぷりとご紹介していきますので、どうぞシェアして頂けると幸いです♪

それでは、皆さんに素敵な良いことがありますように…!

またお会いしましょう♪

ミル子

ぐっばいばーい*\(^o^)/*