スタバ直伝!美味しいドリップコーヒーを淹れる4つのコツとは?

ミル子

スタバの店員さんが美味しいコーヒーを淹れるコツについて教えてくれたよ♪

みなさん、こんにちは!

今回はコーヒー好きの皆さんが気になるであろう、とっておきの情報をお届け!!

ずばり今回のテーマは…

 

スタバ直伝!
美味しいドリップコーヒーを
淹れるコツ

 

です!!!

皆さんの中には、コーヒーが好きでよく自宅でコーヒーを淹れる方も多いかと思います。

そこで今回は、カフェといえばでおなじみのあの『STARBUCKS COFFEE(スターバックスコーヒー)』さんから直々に教わったコーヒーを美味しく淹れるコツについて私ミル子が記事にしてまとめてみました!!

これを読んで、ぜひあなたも美味しいコーヒーをおウチで淹れてみてくださいね♪

それでは早速参りましょう!

ミル子

レッツらゴー*\(^o^)/*

 

コーヒーで大切なことは全て「スタバ」が教えてくれた…

さてさて、私ミル子がなぜスタバさんから直々にコーヒーについて教わる機会があったのか?と言うと…

その答えはずばり…『スタバのコーヒーセミナー』にあります!!

皆さんはスタバのコーヒーセミナーについてご存知でしょうか??

コーヒーセミナーというのは、私たち一般人がスタバに在籍するコーヒーマスターと呼ばれるコーヒーのスペシャリストからコーヒーについて詳しく学べる有料プログラム!

名前にセミナーとありますが、実際にセミナーを受けてみるとそんなに堅苦しいものではなく、どちらかと言えばお茶会のように和気あいあいとお話しする…といったイメージ♪

なので、そこまで緊張せずに誰でも楽しめるプラグラムとなっていますので、興味のある方はぜひ受けてみるといいでしょう。

参考

コーヒーセミナーについてスターバックスコーヒージャパン

ちなみにスタバのコーヒーセミナーには、初めて受ける人向けのプログラム「コーヒーをはじめよう編」、コーヒーを美味しく淹れたい人向けのプログラム「おいしいいれ方編」、実際にラテを作ってエスプレッソについて学ぶ「エスプレッソ編」、ハンドドリップを極めるための「ハンドドリップ編」などがあります。

そのほかにも季節限定のプログラムやスターバックスリザーブ店舗限定のプログラムなど、一年を通して実に多彩なプログラムがあるので、気になる方はぜひ♪

ということで、今回はそんなスタバのコーヒーセミナーで美味しいコーヒーの淹れ方を学んだ私が、ざっくり4つのポイントに分けて誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる秘訣についてご紹介していきます!

秘訣①「水」にこだわる!!

まず一つ目のポイントですが、とにかく「水」にこだわるということです!!

さて、皆さんは実にコーヒーの98%が水でできているという事実はご存知でしょうか??

そう……つまりコーヒーはほとんどが水なのです!!

ですから、どんなに高級で高品質なコーヒー豆を買ってきたとしても、適した水を使わなければ全て台無し…。

そこで、コーヒーを美味しく淹れるコツの一つ目が水にこだわるということなのです。

具体的に水にこだわるというのはどういうことかお教えすると、

「浄水」もしくは「軟水」を使う

ということ。

通常の水道水をそのまま使うと、よく水道水特有のカルキ臭が残ってしまい、コーヒーの風味に悪影響を及ぼすと言われています。

ですから、浄水器に一度通した水を使うのが、美味しいコーヒーを淹れるための第一歩です!

また、浄水器が家にない方は、軟水を買ってきてコーヒーを淹れるのもオススメです♪

軟水ではなく硬水で淹れてしまうと、硬水の中に含まれているミネラルなどがコーヒーの味を変えてしまう要因となるので、出来るだけコーヒーには軟水を使いましょう!

日本の天然水は基本的に軟水ですので、いろはすなどの水はコーヒーに最適な天然水の一つです♪

 

秘訣②「分量」は正確に!

続いての秘訣は「分量」です!

コーヒーには適切な分量というものがあります。

自分が飲む分量に合わせて、その都度適切な水やコーヒー豆(粉)の分量を使用するのがポイント。

スタバが正式に推奨しているドリップコーヒーの分量の目安は、水180mlに対してコーヒー豆(粉)が10g

二人分のコーヒーを作るのであれば、その倍の水360mlに対してコーヒー豆(粉)20gということになります。

この黄金比を守ることで、ベストなコーヒーをドリップすることができるわけですね♪

 

秘訣③「挽き具合」は“器具”に合ったものを!

続いてのポイントは「挽き具合」です!

コーヒー豆を買ってきても、お豆が“豆の状態”では当然飲むことはできませんね。

コーヒー豆は、豆を挽くことで初めてコーヒーとして飲めるようになるわけです。

そこで大切なのが、器具に合わせて適切な挽き具合で挽くということ!!

よくある一般的なハンドドリップコーヒーの場合、ペーパーフィルターと呼ばれるものを通じてコーヒーを抽出します。

この場合、最適な挽き具合は中細挽きがベストと言われています♪

ただし、コーヒーについてもっと詳しくなり、次第に味のこだわりが出てくるようになると、この辺は細かく変わってくることもあるので、必ずしも一概には言えません。

一応、目安程度に覚えておけばOKです!!

ちなみに、スタバなどのカフェに行けば、店員さんから適切な豆の挽き具合についていつでも丁寧に教えてもらえるので、困ったらお店へ足を運ぶと相談に乗ってくれますよ♪

 

秘訣④コーヒー豆は「鮮度」が超重要!

最後のポイントですが、ズバリ「鮮度」です!!

コーヒー豆は、収穫した後、焙煎した後、袋から開けた後、豆を挽いた後…と、それらの時間が経つにつれて鮮度がどんどん落ちていく傾向にあります。

鮮度が落ちていく=味もみるみる劣化していくということ…。

ここまでコーヒーを美味しくする要素について色々ご紹介してきましたが、結局どんなに良い水を使っても、どんなに正確な分量でコーヒーを淹れても、どんなに正しい挽き具合で豆を挽いたとしても、残念ながら鮮度の劣ったコーヒー豆では美味しいコーヒーは淹れられません

それだけコーヒーは、「鮮度」が命だということです。

皆さんがコーヒー豆を買うときは、ぜひとも鮮度にこだわったお豆を選ぶようにしてみましょう♪

ココだけの豆知識♪

ミル子

コーヒー豆は「鮮度」が命!

と言いましたが、コーヒー豆の鮮度において非常に重要なのが「いつ焙煎されたか?」です!

焙煎日が最近であればあるほど、そのお豆はある意味新鮮だと言える一方で、焙煎されてからしばらく時間が経っているものは逆に新鮮さに欠けてしまいます…。

そこで、

欲張りタヌキ

めちゃくちゃ美味しいコーヒーが飲みたい!

という方にオススメなのが、わりとマイナーですが『ドイコーヒー』(土居珈琲)という名前の焙煎所が販売しているコーヒー豆♪

ここのコーヒー豆は、なんと注文が入ってからコーヒー豆を家に発送する直前に焙煎するという究極のこだわりを持っています。

本来コーヒー豆は、大量生産&多売によるビジネスが主流ですから、その仕組みをまるごと変えた画期的な焙煎所でもあります。

土居珈琲で1日に作れるコーヒー豆の量は限られますが、そのぶん本当に美味しいコーヒーが飲みたい人には願ってもない極上のコーヒー豆ですね♪

こんなに美味しい珈琲があったのか…

と今まで知らなかったことを後悔しますので、コーヒーで感動体験をしたい方はぜひ♪

\土居珈琲のサイトはコチラ!/

最後に

美味しいコーヒーを淹れるための4つの秘訣はお分かり頂けたでしょうか??

「水」「分量」「挽き具合」「鮮度」を守ることで、誰でもビックリするほど美味しいコーヒーが飲めるようになります♪

ぜひ上でご紹介したことを参考に、極上の1杯を淹れてみてくださいね!!

それではまたお会いしましょう!

ミル子

ぐっばいばーい*\(^o^)/*

 

この記事を読んだ方はこんな記事もオススメ!

ミル次郎

スタバで人気のコーヒー豆について知りたい方はこの記事↓をどうぞ♪
店員直伝!スタバのおすすめ&人気コーヒー豆まとめ【ランキング付】