スタバ『カフェモカ』の自宅再現レシピと作り方〜ドリップコーヒー編

みなさん、こんにちは!

ドリンク再現マンのミル次郎です*\(^o^)/*

今日はモカ好き必見の記事をご紹介♪

ずばり今回のテーマはこちら…

 

スタバ
『カフェモカ』
自宅再現レシピ&作り方
〜ドリップコーヒー編〜

 

カフェモカは、チョコが好きな方に大人気のスタバ定番のエスプレッソ系ビバレッジの一つ。

コーヒーのほろ苦さとチョコレートの甘みが一度に楽しめる、1年を通して人気が衰えないドリンクです♪

そんなスタバのカフェモカをおウチで淹れるドリップコーヒーで、なおかつ1杯数十円程度で作れてしまう魔法のレシピをご紹介していきます!

とは言っても、レシピはとっても簡単。

ぜひ皆さんもカフェモカ作りにチャレンジしてみて下さい♪

それでは参りましょう!

ミル次郎

レッツらゴー*\(^o^)/*

 

カフェモカって何が入ってるの??

さて、カフェモカのレシピや作り方をご紹介する前に、まずはスタバのカフェモカが一体どんなドリンクなのか簡単に知っておきましょう!

そもそもカフェモカに何が入っているかを知らなければ、ドリンクは作れませんからね。

結論から言うと、カフェモカに入っているものは以下の4つ!

1.牛乳
2.コーヒー
3.チョコレートシロップ(別名:モカシロップ)
4.ホイップクリーム(ホットの場合)

こうしてみると、至ってシンプルな中身です!

つまり裏を返せば、スタバのカフェモカを自宅で再現するのは、そう難しくはないということ。

ぜひ、ズボラな方でも自信を持ってカフェモカ作りにチャレンジして頂ければと思います♪

 

 

カフェモカに必要な材料

ここでは、カフェモカを自宅で作る上で必要な材料をご紹介していきたいと思います。

より詳しく材料を一つずつ見ていくことで、

通りすがりのクマ

こんなボクでも作れるかも…!

と思ってもらえたら何よりです♪

①牛乳

一つめは、「牛乳」です。

ドリンクの基礎となる材料ですね!

量は、(作る量にもよりますが)おおむね200cc程度を用意しておけばOK。

スーパーやコンビニで売っている普通の牛乳でもちろん大丈夫です!

 

②コーヒー豆(コーヒー粉)&ドリップ器具

二つ目は、ドリップコーヒーで使用する「コーヒー豆(粉)」(と必要に応じてドリップ器具)です。

コーヒー豆の分量としては、最終的に50cc程度のコーヒーを目安にドリップしていきたいと思いますので、それに準じた量のコーヒー豆を用意していきます。

詳しい量については、後ほどレシピの欄にて。

ちなみに、今回は「ハンドドリップ」でコーヒーを作っていきますが、マグカップにドリップ1回分のコーヒー豆が入ったパックをセットして、直接お湯を注いでいくようなお手軽ドリップコーヒーでも作れますし、自宅にコーヒーメーカーやコーヒーマシンなどがある方は、そのマシンで淹れたコーヒーでもできますので、ご家庭のコーヒー環境に合わせてドリップコーヒーを用意してみて下さい♪

そもそも器具を持っていないという方は、これを機にぜひともおウチでコーヒーデビューしてみてはいかがでしょうか?

おウチがカフェになるみたいでとっても楽しいですよ??♪

 

③チョコレートシロップ

三つめは、「チョコレートシロップ」です!

チョコシロップは、カフェモカ作りにおいて主役となる材料。

スタバのように美味しいカフェモカを自宅でも楽しみたい!という方は、ぜひとも揃えておきたい必須のアイテムです♪

ちなみに、私のオススメのチョコシロップはコチラ↓

 

こちらのシロップが1本あれば、お店のような美味しいカフェモカが約20杯分作れます!

コスパの良さと、味の良さはもはや言うことナシです。

 

④ホイップクリーム(お好みで)

最後は、お好みで「ホイップクリーム」もあればなお良しです!

スタバの場合、ホットのカフェモカには元からホイップクリームが付いていますが、アイスの場合は付いていません。

おウチで作る場合は、ホットもアイスもお好みでホイップを用意すると良いでしょう♪

ちなみに私は断然ホイップ付きが好きですね!

 

以上、これでスタバのカフェモカを作る準備は整いました。

それでは早速作り方のご紹介です!!

 

『カフェモカ』の作り方・レシピ(ホット編)

それでは実際の作り方を手順に沿って見ていきましょう♪

まずはホットのカフェモカのレシピから!

下準備

・牛乳をすぐに温められる準備をしておく
(【美味しいホットミルクの作り方】については後ほどご紹介!)

①コーヒーをドリップする

まずは、カフェモカ作りに必要なエスプレッソの代わりとなるコーヒーを作っていきましょう!

今回はハンドドリップで10g程度のコーヒー豆(粉)を使って、約50ccのドリップコーヒーを抽出していきます。

本来、エスプレッソを抽出するところを「ドリップコーヒー」によって代用するので、コーヒーはできるだけ濃いめに作るようにするのがポイント。

コーヒーを濃く作るポイント

ハンドドリップでエスプレッソ並みに濃いコーヒーを作るには、

①いつもより時間をかけてゆっくりと抽出していく

②深煎りで苦味が強く、ボディが重めのコーヒー豆を使用する

などに気をつけるとエスプレッソのように濃いコーヒーが出来上がります♪

興味のある方は↓をこちらの記事もどうぞ!

ハンドドリップでエスプレッソ並みに濃いコーヒーを淹れる方法

 

②チョコシロップをカップに入れる

次に、チョコレートシロップ30gをマグカップに入れておきます。

 

③コーヒーとチョコシロップを混ぜる

続いて、①でドリップしたコーヒーを②のチョコシロップと混ぜ合わせていきます。

チョコが完全に溶けるまでしっかりとかき混ぜましょう♪

 

④ホットミルクを上から注ぐ

チョコがコーヒーに溶けたら、そこへ温めたミルク200ccを注いでいきます。

これでベースとなるドリンク部分は完成!

 

⑤お好みでホイップクリームを乗せて出来上がり!

最後にホイップクリームを乗せたら、『スタバ風カフェモカ』の完成です♪

 

美味しいホットミルクの作り方

ここでは、ホットのドリンク作りで欠かせない「美味しいホットミルクの作り方」について解説していきます。

一般的に皆さんがご家庭でミルクを温める時は、「レンジで温める派」の方が多いのではないでしょうか?

レンジで温めるミルクは、その名の通りレンジで温めるだけなので、とってもカンタンで良いのですが、カフェで飲むような美味しいドリンクを作るには、「温める+“もうひと手間”」が必要です!

そのひと手間とは…ミルクを「泡立てる」こと!!

そこで、オススメのアイテムがこちら…

『ミルクフローサー』

『ミルクフォーマー』

と呼ばれる器具。

ちなみに、コスパ抜群のミルクフォーマーなら↓コチラ↓がオススメ♪

 

ミルクフローサーの「フローサー」は、「フロース(froth)」という英語、

ミルクフォーマーの「フォーマー」は、「フォーム(foam)」という英語から来ています。

「フロース」も「フォーム」も、どちらも空気を含む「泡」を意味します。

(厳密に言えば、「フロース」の方が「フォーム」よりも気泡が細かい泡という若干の違いはありますが、ここではあまり気にしなくてOK!)

つまり、簡単に言ってしまえば、

ミルクフローサー(ミルクフォーマー)は、ミルクを泡立てる器具

のことだと思ってください。

この器具を使うと、単にミルクを温めるだけでなく、ミルクに空気を含ませて泡立てて、結果カフェで飲めるような非常になめらかな口当たりオシャレで美味しいドリンクが作れるようになるんですね…。

気になる方は、ぜひ一度Amazonなどで商品を見てみてください♪

一台あれば、あなたの家が一瞬にしてカフェに変身しちゃいますよ!!

オススメのミルクフローサー(ミルクフォーマー)が知りたい方は、↓の記事でミル子がご紹介していますので気になる方はぜひどうぞ♪

カフェの様な泡立ちミルクが作れるおすすめミルクフォーマーはコレ!

 

『カフェモカ』の作り方・レシピ(アイス編)

それでは、続いてアイスのカフェモカを作っていきましょう!

基本的な作り方はホットと同じです!

①コーヒーをドリップする

まずは、ホット同様にドリップコーヒーを作っていきます。

分量は50ccと先ほどと同じでOK!

 

②チョコシロップを入れる

コーヒーが出来たら、そこへチョコシロップを30g加えてしっかり溶かします。

アイスは特に溶けにくいので、ここで完全にチョコが溶け切るまでしっかりとかき混ぜましょう!

 

③チョコ入りコーヒーにミルクを注ぐ

チョコを溶かし終えたら、そこへ冷たいミルク200ccを注いでいきます。

ここでも、軽くかき混ぜるのを忘れずに!!

 

④氷を入れて出来上がり!

最後にお好みの分量だけ氷を入れたら、スタバ風アイスカフェモカの出来上がり!

 

最後に

スタバ『カフェモカ』の再現レシピはいかがだったでしょうか?

材料を揃えるのも、レシピ自体もそれほど難しくないので、手軽に自宅でスタバのドリンクが楽しみたい方にはもってこいのビバレッジです♪

このサイトでは、他にも沢山のカフェドリンク再現レシピをご紹介していきますので、ぜひ参考までに!

それではまたお会いしましょう♪

ミル次郎

ぐっばいばーい*\(^o^)/*